新着記事

【予約優先制】Tel:053-424-7220

浜松市中区 肘内障

2018-10-06 [記事URL]

【肘内障とは】
肘内障とは、いわゆる「ひじが抜けた」という状態です。
子供の手を引っ張った際に、急に子供が泣き始めて手を動かさなくなった、このようなケースが最も多いケースです。
これは肘の関節の亜脱臼状態であり、歩き始めから5歳くらいまでの子供に発症することが多く、特に1~3歳の幼児に多く発生します。
子供は突然泣き出し、痛めた方の腕を使おうとしなくなってしまい、腕に触れようとすると嫌がります。
腕は麻痺したかのようにダラっと垂れてしまい、内側を向いたような感じになります。

小さい子供の体は発育途中であり、ひじの輪状靭帯と関節もしっかり固定されていません。
そのため、多少強い力で引っ張られただけで、簡単に脱臼を起こすことがあります。
中には、寝返りを打っただけで肘内障を発症するお子さんもいるほどです。
成長に伴い関節は丈夫になっていくので、このような亜脱臼は発生しにくくなります。
また、骨折などと関連することによって、肘内障の再発となる場合もあります。
幼児期は、手を引っ張ることを極力避けるよう、周りの人間が強く把握して対応するようにしましょう。

亜脱臼してしまった関節は、自然に元に戻ることもあります。
しかし、多くの場合は自然には戻ることはありません。
そのため、肘内障は治療が必要となります。
関節を元に戻す処置は、整形外科外来で麻酔無しで簡単に行うことができます。
簡単に修復ができるので、完全に修復されると子供は何もなかったかのように、すぐに肘を曲げて今まで通り遊ぶようになります。

診察の際は、受傷時の状況とひじの状態を見せます。
骨折と脱臼の識別のために、レントゲンを撮って異常の有無を確認します。
時間を置かず、すぐに整形外科で診てもらうようにしましょう。

肘内障の治療は、徒手整復を行います。
すぐに終わり、その後は今まで通り普通に腕を使って構いません。
ただし、手を引っ張られることにより再発してしまうことがあるので、注意するようにしましょう。
特に、治療後1日間は安静にしていることが大事となります。

【肘内障の予防方法】
肘内障は、このような予防方法で発症を防ぎましょう。

・手を引っ張られないように意識をする
1番の予防方法は、手を引っ張られないようにすることです。
幼児は体が軽いので、遊んでいるうちについつい持ち上げてしまうことがあります。
子供と喜ばせたい気持ちはわかりますが、肘内障再発防止のために手を引っ張らないクセを付けましょう。

・迷子紐の活用
子供がフラっと歩いて行きそうになった時に、手を引っ張る場合もあります。
その状態を防止するために、迷子紐を付けて手を引っ張らないようにしましょう。
迷子紐は様々な偏見があるようなので、間違った見方をされないように十分意識して使うようにしましょう。

・カルシムの摂取
脱臼にならないためには、骨を丈夫にすることも非常に大事となります。
カルシウムを積極的に摂取して、骨を丈夫にしましょう。

浜松市中区 肘内障なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 母指CM関節症

2018-10-06 [記事URL]

【母指CM関節症とは】
母指(親指)の付け根に位置している関節を、「母指MP関節」といいます。
母指CM関節は、大菱形骨という手根骨に第1中手骨が乗った形をしています。
大菱形骨は乗馬で使う鞍のような形をしており、母指(親指)を自由動かすことができます。
使い過ぎや加齢により、この関節を支えている靭帯がゆるくなったり、関節の表面を覆っている軟骨がすり減ってしまったことにより関節のかみ合わせが悪くなってしまい母指(親指)の動きや働きを制限してしまうのが、母指CM関節症です。

母指(親指)の付け根に障害が発生し、このような症状が発生してしまいます。

・つまみ動作の痛み
・ドアノブ操作の際の痛み
・ホッチキスやハサミの操作の困難
・大きい物の握り動作の際の痛み
・庭仕事に負担がでる
・病期が進むと変形する

このように、何かを握る動作に症状が発生します。

母指CM関節症の原因は、母指(親指)の手前の甲の骨と手首の小さい骨の間の関節部分の使い過ぎや老化により、関節軟骨の摩耗が発生しやすくなることにより発症してしまいます。
進行すると関節が腫れてしまい、亜脱臼してしまい母指(親指)が変形してしまいます。

母指CM関節症の診断は、レントゲンで診断します。
また触診による診断もおこない、腫れている部位の触診の反応により判断もします。

母指CM関節症は、早期発見が大事となります。
母指CM関節症の早期発見は、手の甲を上に上げて親指から手首に向けての輪郭を確認した際に、手首のやや末梢でくの字に曲がっている部分を確認します。
このくの字部分の突出が強い場合、母指CM関節症の可能性が疑われます。

【母指CM関節症の治療や予防方法】
母指CM関節症の治療方法は、このような方法で行っていきます。

・テーピングなどの装具療法
テーピングなどの装具療法で患部を固定することにより、症状改善へとみちびくことができます。
テーピングの巻き方にはコツがあるので、専門医にお願いして巻いてもらうようにしましょう。

・注射療法
痛みや症状が改善しない場合は、ステロイドなどの注射療法で改善へとみちびきます。
特に痛みの場合は、注射療法でスッと痛みを緩和させることができます。

・整骨院や接骨院での治療
整骨院や接骨院での治療では、母指CM関節症が発症している部分に直接鍼灸治療などを行って、症状緩和へとみちびきます。
直接患部に治療を行うので、1度目の施術から楽になったという声も挙がっています。
病院へ通うのは大変かもしれませんが、整骨院や接骨院はお近くにもありますので、便利に素早い改善へとみちびくことができます。

・手術療法
保存療法で改善しない場合は、手術療法となります。

母指CM関節症にならないためには、母指CM関節症の予防方法を把握して実践しましょう。
親指というのは指の中で使用頻度が多い指なので、確実な予防とするのは困難となってしまいます。
実際に症状を自覚した際は、それ以上悪化しないためにテーピングでの固定など安静にする事が大事となります。

 

浜松市中区 母指CM関節症なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 手根管症候群

2018-10-05 [記事URL]

【手根管症候群とは】
手根管症候群とは、手のしびれ感が発生する症状です。
手のしびれを訴えて受診する、最も多い疾患です。
手のシビレというのは発生する人が多く、多くの方は放置したままで改善しない場合が多くあります。
しかし、手のシビレというのは、病気に繋がっていることもあります。
手のシビレが改善しない場合は、まずは専門医に相談をするようにしましょう。

手根管とは、手首の部分位ある骨と手根靭帯に囲まれている空間です。
手根管の中で何らかの原因によって神経が圧迫されることにより、手根管症候群が発生します。

手根管症候群の発症の原因は、これらが挙げられます。

・リウマチの滑膜炎
・妊娠
・糖尿病
・アミロイドーシス
・腎疾患
・通風
・ホルモン変化
・代謝性疾患

中でも最も多いのが、中高年の女性よる発症です。
中高年女性のはっきりしない特発性と、手を酷使する労働者に発生する場合があります。
主に発生する症状は、親指から環指の親指側のシビレ感と感覚の低下です。
初期段階では中指のシビレ感で発症することが多く、その後次第に隣の指へと広がっていく流れとなります。
典型的な症例では、夜間や明け方に症状が増悪して、痛みが強いことで目が覚めてしまうというケースです。
症状がどんどん悪化していくと、母指の付け根部分の筋肉の母指球筋の筋力低下が発生してしまいます。
高度の麻痺となってしまい、母指球筋の委縮が酷くなっていき、母指を開くことができなくなってしまいます。
そこまで来ると様々な弊害が発生してしまい、ボタンがかけにくい、小銭を掴むことができないなどの日常生活への大きな影響も発生してしまいます。

手根管症候群の診断は、感覚検査を行っていきます。
専用の打診器などの道具でたたいて、感覚症状の確認を行っていきます。
症状があると、しびれや痛みが指先に響きます。
この状態を、ティネル様サイン陽性といいます。
また、必要に応じて、レントゲンやMRI、エコーなどを撮ることもあります。

【手根管症候群の治療方法】
手根管症候群の治療は、このような方法で行っていきます。

・薬物療法
消炎鎮痛剤やビタミンB12、湿布薬などの薬物療法を行っていきます。
腱鞘炎を抑えるために、手根管内腱鞘内注射を行う場合もあります。
軽度の場合は、薬物療法だけでも改善へとみちびくことができます。

・整骨院や接骨院での治療
整骨院や接骨院では、手根管症候群の症状が出ている部分に鍼灸治療などを行っていきます。
患部に直接治療を行うので、満足できる効果を得ることができます。
特に痛みがある場合は、施術だけで痛みが楽になることも期待することができます。
中には1度の施術で痛みが楽になったという声も挙がっているので、素早い症状緩和を期待することができます。

・手術療法
保存療法で改善しなかった場合は、手術を行う倍もあります。
難治性の場合や母指球筋の痩せたもの、腫瘤がある場合は、手術が必要となります。
現在は内視鏡を使った手術が大半なので、負担なく快適に手術を受けることができます。

 

浜松市中区 手根管症候群なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 変形性肘関節症

2018-10-04 [記事URL]

【変形性肘関節症とは】
変形性肘関節症とは、関節の軟骨の老化・退行・変性を基盤として、これにプラスして何らかの原因が加わることにより、関節軟骨の変性や骨棘、骨堤が発生する関節疾患です。
色んな原因によって軟骨がすり減るなどの骨への弊害が発生してしまい、骨への衝撃吸収が難しくなってしまい、骨の変形が発生してしまいます。

関節は、骨と骨とが繋ぎ合わされている部分であり、骨の端部分にはクッションの役割を発揮する軟骨があります。
軟骨があることで、関節部分に痛みが発生しない、スムーズな動きとしています。
何らかの原因で体重などの負担に関節が耐えられなくなってしまった場合、関節に変化が起きていきます。
最初は軟骨に小さな裂け目ができる程度ですが、裂け目の数が少しずつ増えていき、裂け目が深くなっていき、傷ついた軟骨からはコラーゲン線維が壊れてしまい、プロテオグリカンが失われてしまい、軟骨細胞が減ってしまい変形性肘関節症の症状を発してしまいます。

変形性肘関節症は、全身のあらゆる関節に発生します。
その中でも特に症状が発生すると困ってしまうのが、膝や股、背骨の腰の関節などです。

変形性肘関節症は、原因によりこれらの2つのタイプに分かれます。

・一次性関節症
原因がはっきりしない、変形性関節料です。
年齢や肥満などの、色んな要因が重なって発症するのではといわれています。
世界の変形性膝関節症の多くは、一次性関節症です。

・二次性関節症
病気やケガなどが原因で発生する、変形性関節症です。
関節リウマチや痛風、骨折、靭帯、半月板の損傷など、生まれつきの関節構造の異常により発症してしまうケースです。
日本では、二次関節症が多くあります。

変形性肘関節症の診断は、痛みや変形の確認、レントゲン検査などで判断します。
関節リウマチや痛風などの他の病気と間違えないように、血液検査を行う場合があります。

【変形性肘関節症の治療方法】
変形性肘関節症には、このような治療方法があります。

・薬物療法
痛みをやわらげたり関節の機能をスムーズにするために、薬物療法を行います。
主に非ステロイド性抗炎症薬を使い、症状をやわらげていきます。
また、ヒアルロン酸やステロイドなどの注射を行うことにより、関節の機能改善や炎症の痛みをやわらげることができます。

・運動療法
関節の動きを良くする為に、運動療法を取り入れます。
簡単な運動でOKであり、家の中でできる簡単な運動や水中歩行、ストレッチなどで関節の可動域を広げたり、関節のまわりの筋肉を鍛えて、関節にかかる負担を軽くします。
また動くことで肥満解消となるので、関節にかかる重さの負担も軽くすることができます。
無理な運動は悪化させてしまうこともあるので、専門医の指示のもとで行うようにしましょう。

・補助具や装具の使用
足底板やひざ装具を使って、関節への負担をやわらげます。
合わせて運動療法を行うことにより、高い効果とすることができます。

 

浜松市中区 変形性肘関節症なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 内側上顆炎

2018-10-03 [記事URL]

【内側上顆炎とは】
内側上顆炎とは、ひじに外反性の力がかかる運動や、掌側の前腕筋を強引に屈曲する運動により発生する症状です。
別名ゴルフ肘ともいわれており、ゴルフプレーヤーに多く見られる症状ということで、このような名称がつけられました。

この様な場合に、内側上顆炎が発生する傾向があります。

・誤った方法の投球
・誤ったゴルフショット
・テニスのサーブ
・テニスラケットが重すぎる
・テニスラケットのガットの張りが強すぎる
・テニスラケットのグリップのサイズが小さすぎる
・やり投げ
・レンガ積み
・ハンマーで打つ動作
・タイピング

このような動作により、発症することがあります。
ゴルフ以外でも、似たような症状が発生することにより、内側上顆炎となってしまいます。

抵抗に対して手の関節を屈曲や内回する際に、屈曲内回筋腱や内側上顆に痛みが発生します。
腕を伸ばした際は手を握った際に、痛みが走ります。
ただし、ずっと継続する痛みではなく、普通に日常生活を送ることができます。
対した痛みではないと思って放置していると、突然激痛が襲ってきて大変な痛みになってしまうことがあります。
そのため、初期段階でしっかり治療をして改善することが大事となります。

内側上顆炎の診断は、誘発試験を行います。
患者は椅子に座って、前腕をテーブルに置かせて手を回外させます。
患者さんは手関節を曲げて拳をテーブルから上げようとするので、その間医師は拳の下方を抑えて、それにより内側上顆のまわりや屈曲回内筋腱に現れる疼痛により、診断となります。
痛い診察や検査ではないので、誰でも安心して受けることができます。

【内側上顆炎の治療】
内側上顆炎の治療は、このような方法で行っていきます。

・安静
安静が1番の治療方法となり、動かさず安静にしましょう。
肘にかかる牽引力を弱めるためには、テニスエールボールを使うことで有効的とすることができます。
また、アイシングもとても効果的です。
症状が緩和するまで、あくまで安静に動かさないようにしましょう。

・薬物療法
炎症を抑えるために、ステロイド薬や麻酔約で炎症を抑えます。
痛みが強い場合は、一気に楽になっていきます。

・整骨院や接骨院での治療
整骨院や接骨院での治療は、患部に直接鍼灸治療などを行って、症状改善へとみちびきます。
直接原因部分に治療を行うので、楽になったという声も多く挙がっています。
いつまで経っても改善しない場合は、整骨院や接骨院での治療にも目を向けてみましょう。

・ストレッチ
痛みが治まってきたら、手首を弯曲して肘を伸ばすストレッチを行っていきます。
ストレッチは適した方法を行わないと意味がないので、専門医の指導のもと行うようにしましょう。
我流で行うと余計な負担をかけてしまうことがあるので、おすすめできません。

・手術療法
保存療法で改善しない場合は手術を行うことがありますが、まれです。
一般的には、少なくても9~12カ月経過した後に、手術の検討を行います。

 

浜松市中区 内側上顆炎なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 キーンベック病

2018-10-02 [記事URL]

【キーンベック病とは】
キーンベック病とは、作業労働従事者に好発することが多い、原因不明の月状骨の無腐性壊死です。
徐々に手関節痛が増強していき、握力が低下してしまう疾患です。
月状骨というには、手首に8つある手根骨の1つであり、中央にある骨です。
月状骨はほぼ軟骨に囲まれており、血行が乏しいので血行障害になりやすく壊死しやすくなってしまいます。
月状骨がつぶれてしまい、症状を発してしまいます。
手を酷使した後に手首に痛みや腫脹が見られることがありますが、それがキーンベック病です。

キーンベック病の原因は、不明といわれています。
職業的に、手を良く使う職業の男性に多い傾向があります。
そのため、手を酷使することに原因があるのではともいわれています。
外傷や職歴のない女性や、高齢者にもみられることがあります。
一説には、月状骨の小さなはっきりしない骨折が原因、ともいわれています。

キーンベック病の主な症状は、このような内容です。

・手首の痛みや腫れ
・手首が動かしにくい
・握力の低下

などの、自覚が発生します。
これらの症状が出ている場合は、キーンベック病を疑いましょう。

手首の使用頻度や手首の外傷をきっかけに発症する場合は大半なので、基本的には利き手や外傷を生じた片手の方に発症することが大半です。

キーンベック病の検査や診断は、今までの病歴や職歴、身体所見上の手首の辺かの確認などを行っていきます。
キーンベック病が疑われた場合は、手首に対してレントゲンヤMRI、CTなどの画像検査を行います。
キーンベック病の進行はゆっくりなので、骨の辺かもゆっくりかけて進行していきます。
そのため、初期段階でレントゲンを撮影しても、病変を発見することができない場合があります。
MRIの場合は初期段階でも、症状の確認ができます。

レントゲンで確認できずMRIで確認できるキーンベック病は、ステージ1の初期段階となります。
ステージ2となると、月状骨が固くなっていく硬化性変化が発生し、この段階になるとレントゲンでも症状を確認することができます。
ステージ3の場合は、月状骨は崩れてしまい、正常な手首運動を行うことできなくなってしまいます。
強い痛みがあり、握力低下となってしまいます。
ステージ4となると、月状骨だけではなく月状骨の周辺にある骨にも影響が発生してしまいます。
ここまでくると、関節炎を発症してしまうこともあります。

【キーンベック病の治療】
キーンベック病は、このような治療方法を行っていきます。

・保存療法
初期段階であれば、保存療法で改善を期待することができます。
鎮痛剤の使用や安静により、症状改善へとみちびきます。
手首の安静を効果的に行うために、ギプスを使って固定する場合もあります。

・手術療法
保尊療法を行っても症状が改善しない合いは、手術療法を行う場合もあります。
月状骨の変形前であれば、軽度な手術で改善が可能です。
月状骨の変形が酷い場合は、月状骨の摘出手術となってしまいます。

 

浜松市中区 キーンベック病なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区  バネ指の治療

2018-04-25 [記事URL]

バネ指は予防や対策を心がけることが大切

指に起こる腱鞘炎がバネ指で、指をよく使う人に現れやすい症状と言われています。
男性でも女性でも起こる症状ですが、傾向としては妊娠中・産後・更年期を迎えた女性に発症しやすい傾向が見られます。
主な症状は、指の曲げ伸ばしに引っかかりがある・曲げようとするとカクンとした衝撃がある・指の付け根部分に腫れや痛みがあるなどがあります。
また、指が一定の角度で曲がったまま伸びない・指を曲げ伸ばしする際に引っかかりを感じたり・ばねが弾けるように急に動くようなバネ現象が出現したりします。
それから、症状が進行すると指を自力で動かせなくなって、もう片方の手で動かさなければならなくなりますし、痛みや腫れが出現することもあります。
酷いケースでは関節が固くなり拘縮がみられることもあって、治療しないで放置しておくと症状が悪化するので、早めに適切な治療を受けることをおすすめします。

指を動かす屈筋腱は滑膜性腱鞘で保護されていて、滑膜性腱鞘が靭帯性腱鞘というトンネル状の腱鞘の中をスムーズに通ること指が動くのです。
しかし、指を酷使することで腱鞘部分の摩擦が強くなって、それにより炎症を引き起こしてしまいます。
炎症が起こると腱鞘が厚くなりトンネルの中をスムーズに通れなくなって、引っかかりを感じるようになります。
その結果、先に触れたように指を曲げたり伸ばしたりする際にばねのような反動が起こったり、一定以上動かなくなったりしてしまうのです。
このように指の屈筋腱に腱鞘炎が起こる主な原因として考えられることは、仕事や家事で指を使いすぎることです。
それ以外には、女性の場合なら出産後や閉経後などホルモンバランスが崩れることで発症しやすくなったり、関節リウマチ・糖尿病・透析をされている方などの病気を患っていることが原因になったりすることもあります。

バネ指の治療としては、基本的に局所の安静・温熱療法やレーザー治療などの物理療法・ステロイド注射など、保存療法がまず実施されます。
ただ、そうした保存療法でも症状が治まらない時には、腱鞘切開手術と内視鏡手術といった2種類の手術を検討していく必要があります。
治療も大事ですが発症しないように予防したり、発症した際に早い段階で対策をしたりすることも大切です。
指を酷使することが主な原因なので、予防としては日常生活の中で手指を酷使しないことを意識することです。
また、どうしても指を過度に使用する場合には、定期的に休憩を取り入れたり、テーピングやサポーターで固定をしたりすることも大切なことです。
それから指を酷使した後に冷やすことで炎症を抑えることが可能になるので、そうしたケアをしてあげることも予防につながります。
ホルモンバランスが乱れると血流が悪くなって腱鞘が緊張状態になり狭くなることで、腱の動きを制限するために起こるとも考えられています。
特に30~50代の女性はホルモンバランスを乱しやすいので注意が必要ですし、手を握ったり開いたりするストレッチをしたり、お湯につけて血流を改善することも予防や改善につながります。

 

浜松市中区  バネ指の治療なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  ドゥケルバン病の治療

2018-04-23 [記事URL]

ドゥケルバン病はばね指などと同じ腱鞘炎

筋肉と骨をつなぐひものような組織が腱で、動きとして筋肉の力を伝える役割があります。
この腱に沿ってトンネル状の形をしているのが腱鞘で、腱が動く時に浮き上がらないように抑える働きを担っています。
指や手首を曲げたり伸ばしたりする時には、筋肉の伸び縮みに対応して腱が腱鞘の中を滑りながら動くので、手の繊細な動きには腱鞘の中で腱がスムーズに滑ることが重要です。
しかし、指や手首を酷使することで、この腱鞘に小さな損傷が生じてしまい炎症が起こって腫れます。
そして、腱鞘が腫れて滑りが悪くなってしまうと、腱自体も腫れてきてさらに腱の動きが悪くなって、痛みを引き起こしてしまいます。
これが 手をよく使う人がなりやすい病気と言われている腱鞘炎で、起床時に指が動きにくくなることが少なくありません。
その理由は、眠っている間は指を動かさないので腱鞘の腫れが強くなって、起きた時に腱が圧迫されて腱鞘の滑りが悪くなるからで、日中に指を使っているうちに痛みや動きが改善することもあります。
ただし腱鞘炎は必ずしも手を酷使したから起こるものではなくて、更年期の女性や妊娠中・産後の女性にもよくみられ症状で、ホモンバランスが関連している可能性もあって原因が不明のことも少なくないのです。
ちなみに腱鞘炎として代表的な存在が、指に起こるばね指や手首に起こるドゥケルバン病と呼ばれる狭窄性腱鞘炎があります。

手の親指を広げると手首の親指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がってきます。
そのひとつが親指側の線で親指の第2関節を伸ばす働きをする腱のひとつとなる短母指伸筋腱で、もうひとつが主に親指を広げる働きをする腱のひとつとなる長母指外転筋腱です。
ドケルバン病は、この短母指伸筋腱と長母指外転筋腱が、手首の背側にあって指を伸ばす腱が通る手背第一コンパートメントを通る部分に炎症が起きます。
炎症が起こることで腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなって、手首の親指側に痛みが生じたり腫れたりします。
また、親指を広げたり動かしたりすることで、この場所にとても強い痛みが生じてしまうのです。
発生する原因は、先に触れた腱鞘炎と同じで手や指の酷使やスポーツで、女性に多いことからホルモンバランスの変化も原因と考えられています。

ドゥケルバン病の治療は、安静が第一で痛みを感じるような動きをしないことが基本になります。
ただ仕事をする時や家事・育児をする時に支障が出ることもあって手を休めるわけに行かないという場合には、サポーターや添え木で固定することもあります。
また炎症を抑える塗り薬や飲み薬も効果的ですが、症状が酷い時にはステロイド剤と局所麻酔を腱鞘内に注射をすることもあります。
これらの保存療法で改善しない場合には、厚く狭くなった腱鞘を切開して広げて腱の滑りを改善する目的で手術を行うこともあります。
治療法以外としては、痛む部分を押しながら指を曲げ伸ばしする指のストレッチが、痛みの改善や予防に効果的と言われています。
ただし無理に動かすと腱鞘の腫れが強くなる可能性があるので、注意しながら行うことが大切です。

 

浜松市中区  ドゥケルバン病の治療なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  上腕骨外側上顆炎

2018-04-19 [記事URL]

テニス肘は痛みの原因に対してアプローチした治療を

上腕骨外側上顆という部分が過敏な状態になることで、スポーツや日常生活など様々な動作により肘に痛みを生じる状態がテニス肘です。
正式名称は上腕骨外側上顆炎といって、重たい物を持つときに肘が痛い、肘が痛くてペットボトルの蓋を開けられないなどの症状が見られます。
ちなみに上腕骨外側上顆とは、腕組みの姿勢を取った時に、肘の一番前にくる部分で、骨の出っ張りがある部分のことです。
テニスと名前についていますが、必ずしもテニスだけが原因で生じるわけではなくて、ゴルフや釣りでも起こります。
また、赤ちゃんを抱っこするようになって発生するとか、特に負担をかけているわけでもないのに主婦の方に発生することもあります。
そのままにしておくと自然に治ることもありますが、なかなか治らずに時間が経過することも少なくありません。
症状が改善しないで長引くようなら専門の医療機関を受診することが望ましいです。

なぜテニス肘になってしまうのかというと、原因のひとつと考えられているのがくり返しの負担です。
テニスやゴルフなどのスポーツで繰り返し動作をすることや、仕事で重いものを持ったり赤ちゃんを抱いたりするといった繰り返しの負担で生じてしまいます。
もうひとつ考えられる原因は年齢で、若い年齢であっても発症することはありますが、中年以降になると圧倒的に発症する方が増えます。
これには理由があって、外側上顆という骨の出っ張りの部分に異常な血管が増えてしまうことにより起こると考えられています。
そして、この異常な血管は中年以降で増えやすくなってしまいますし、血管だけでなく神経線維も一緒に増えるので痛みを引き起こす原因になるのです。
ちなみに、異常な血管が肘に生じるとテニス肘になって、肩にできると四十肩や五十肩と呼ばれている状態になります。

治療としては、症状の程度によりますが先にも触れましたが、局所を安静にするだけで自然に症状が改善するケースも多いのです。
ただ症状によっては、安静にすると共に前腕ストレッチング・筋力トレーニング・温熱・低周波・レーザー光線などの理学療法をすることもあります。
また、専用のサポーター・消炎鎮痛薬の内服や外用などを組み合わせて治療を行うこともありますし、場合によってはステロイドホルモンの局所注射をする可能性もあるのです。
それから、このような保存療法が有効出ない場合には、手術療法が検討されることもあります。
方法としては、伸筋腱起始部解離術・伸筋筋膜切開術・輪状靭帯や関節包の部分切除術・関節内の滑膜切除術などがあります。

このような治療で一旦は痛みが楽になることもありますが、再発を繰り返す人も少なくありません。
これは、きちんと医療機関を受診して適切な治療をしていないためで、症状が改善しないどころか時間と共に悪化してしまうからです。
痛みの原因に対してしっかりとアプローチした治療を確実に受けていかないと痛みは治らないので、専門の医療機関を受診してしっかりと改善することがおすすめです。

 

浜松市中区  上腕骨外側上顆炎なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 へバーデンの治療方法

2018-03-20 [記事URL]

【へバーデンとは】
へバーデンというのは、聞き慣れないと思う人も少なくないと思います。
しかし、日本全国にへバーデンの人は多く、300万人以上いるといわれています。
へバーデンとは、指の第一関節が変形してしまう疾患です。
第一関節の背側の中央に、2つのこぶが出来てしまうのが特徴です。
示指から小指にかけの第一関節が赤く腫れあがったり、曲がったりし、痛みが発生してしまうこともあります。
第1関節の動きも悪くなってしまい、満足に動かせなくなってしまうこともあります。
また、第一関節部分に水ぶくれのような物が出来る事もあります。
出る症状というのは人様々であり、親指以外の全ての指に症状が出る人もいれば、小指だけに症状が出るという人もいます。

へバーデンは、原因不明の症状といわれています。
一般的に、40代以降の女性に多く発症する傾向があります。
特に、手を良く使う人になりやすい傾向があります。
例えば、調理を良く行う人、ピアノなどの楽器演奏をする人、パートで指先を良く使う人などに多いといわれています。
第一関節というのはよく使う関節であり、特に女性が使う関節です。
何かを引っ張る時や何かをつまみ上げる時、何かを持つときなど、意外と酷使している部分なのです。

遺伝性は証明されておりませんが、母や祖母がへバーデンで関節で自分もなってしまった、という女性もいるようです。
そのため、母親や祖母にへバーデン関節の人が居る場合は、指先に負担を掛けないように注意すべきといえます。

へバーデンの診察は、第一関節のレントゲン所見により判断します。
骨の曲がり具合などにより、へバーデンなのかを見分けます。

【へバーデンの治療方法】
へバーデン関節の痛みは、改善出来る可能性があるといわれています。
そのため、コツコツとケアをして改善へとみちびきましょう。
へバーデンの治療は、以下の方法があります。

・局所の固定
第一関節部分を安静にし、痛みや症状を緩和させます。
テーピングで固定して安静にすると効果的であり、極力関節を動かさないようにしましょう。

・投薬両方
急性期の場合は、少量の関節内ステロイド注射で痛みを軽減させます。

・手術療法
保存療法で症状が緩和されない場合は、手術療法となります。
第一関節部分にできたコブ結節を切除したり、関節を固定してしまう方法などを行います。

・首や肩の筋肉を柔らかくする
首や肩とはへバーデンは無縁に思えるかもしれませんが、とても密接な関係性があります。
指を握りしめると肩にも力が入るように、つながっているので関係性は非常に高いのです。
肩や首を回したりなどで柔軟にさせ、指への負担を軽減させましょう。

いかがでしたでしょうか。
へバーデンになっても、諦めてはいけません。
多くの場合改善出来る要素があるので、あきらめず改善へとみちびきましょう。
指というのは使う頻度が高いので、万度に動いてくれないと困ります。
この先ずっと痛みを抱えたまま過ごしていくことは、楽ではありません。
おかしいなと思ったらケアをして、楽な状態へとみちびきましょう。
気になる場合は、専門医に相談をしましょう。

浜松市中区 へバーデンの治療方法なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 バネ指の原因と症状

2018-03-07 [記事URL]

【バネ指の原因と症状】
バネ指とは、指を曲げた後に指が元通りに伸びず曲がったまままで、伸ばそうとするとバネのように急に伸びる現象です。
指を曲げるために必要な腱が炎症しておきる、腱鞘炎です。
指を曲げたら戻らない!そんな人は、バネ指の可能性があります。
バネ指になる人は、50~60歳代の女性に良くいるといわれています。

バネ指は、以下が原因といわれています。

・指の使い過ぎ
スポーツや仕事で指を頻繁に使う人に、発症しやすいといわれています。
草取りや編み物をしている人にも多く、近年はパソコンの使い過ぎの人にも多いといわれています。
指を使う流れ作業のパートを行っている人にも、多いといわれています。

・老化
年齢を重ねることで屈筋腱と腱鞘の間の滑りが悪くなってしまい、腱鞘炎となってしまいます。

・妊娠や出産後、更年期
妊娠時や産後、更年期の女性はホルモンのバランスが崩れてしまうことで、バネ指の原因になっているとも言われています。

バネ指の診察は、指の付け根の腫れや痛みで診断することが多くあります。
場合によっては、レントゲンヤMRI、エコーなどで検査を行うこともあります。
また、血液検査で他の病気との関連性を調べる場合もあります。

バネ指は、他の原因により発生している場合もあります。
慢性リウマチや糖尿病が原因となっている場合もあるので、おかしいなと思ったら早めに整形外科を受診することをオススメします。

【バネ指の治療】
バネ指には、以下のような治療方法があります。

・安静
手首を安静させ、指の使用を控えます。
3週間ほど安静にし、できるだけ指を使わないようにしましょう。
しかし、指というのは日常的に使う部位なので、使わないのは難しいですよね。
どうしても指を動かしてしまう場合は、痛い指を添え木や装具を使って動かないようにすると良いでしょう。
スポーツや趣味も、しばらく中止しましょう。
また、血行を良くする事もとても大事であり、お湯で温めたり手袋をはめると治りが早くなります。

・薬物療法
痛みがひどい場合は、薬物治療で炎症を減らします。
軟膏を塗ったり湿布を貼ったり、ステロイド剤を局所注射することで、痛みが軽減します。
ステリド注射は3回が限界であり、それで痛みが緩和されない場合は手術が必要となってしまうことがあります。

・理学療法
急性期を過ぎたら、理学療法での治療も可能セス
レザー治療や低周波などを使って、患部に治療を行います。

・手術療法
保存療法などで効果が出ず痛みがひどい場合は、手術療法を行います。
時間にして15分ほどの、軽度な手術となる場合が大半です。
手術後翌日から指を動かすようにし、7~10日で抜糸が可能です。

いかがでしたでしょうか。
バネ指というのは、比較的発生しやすい症状です。
軽度のうちにセルフケアをすることが大事ですが、大抵の人は症状が強くなってから専門医に診てもらうケースが大半です。
無理して痛めてしまわないよう、早めのケアで楽になりましょう。

浜松市中区 バネ指の原因と症状なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 ドゥケルバン病の発生

2018-02-28 [記事URL]

【ドゥケルバン病の原因と症状】
ドゥケルバン病というのは、母指側の線の短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背の方にある、手背第一コンパートメントを通るところに発生する腱鞘炎です。
手首の母指側にある腱鞘と、そこを通過する腱に炎症が起こった状態であり、腱鞘部分で県の動きがスムーズにならなくなり、手首の母指側が痛んでしまい腫れてしまいます。
母指を広げたり動かしたりすると、強い痛みを発生させてしまいます。
手や指を使い過ぎて指の付け根が痛くなる場合は、ドゥケルバン病の可能性があります。

以下のような人に、ドゥケルバン病は起きやすいといわれています。

・妊娠出産期の女性
・更年期の女性
・手を酷使し過ぎている人
・指を使うスポーツや仕事を行っている人

また、近年ではスマホやタブレット、パソコンの使い過ぎでドゥケルバン病になる人も多くなっています。

診断は痛くなるような動きをして、痛みが一層強くなることで診察をします。
多くは、母子を小指側に牽引した際に痛みが強くなることで、診察の判断とします。
自分でドゥケルバン病なのか調べるためには、手首を直角に曲げて母指を伸ばした際に痛みが強くなるのかどうかで判断すると良いでしょう。

【ドゥケルバン病の治療方法】
ドゥケルバン病の痛みを無くすためには、腱と腱鞘の炎症を無くして腫脹を小さくすることで、摩擦が発生しにくくなり痛みもなくなっていきます。
痛みが気にありはじめたら、以下のような治療を行いましょう。

・安静
軽度のドゥケルバン病の場合は、とにかく安静にする事が1番です。
指を使わないようにし、重たい物を持つ事も止めるようにしましょう。
スマホを使い場合は、片手だけを使うのではなく両手を交互に使うようにしましょう。
画面操作の場合は親指ばかりを使わず、他の指も使って1か所に負担を掛け過ぎないようにしましょう。

・患部の固定
テーピングやサポーターなどで患部を固定して、無意識に動かさないことを防ぐ方法です。
指というのは日常的に使うものですので、無意識に動かしてしまいがちです。
無意識に動かさずに負担を軽くするために、患部の固定で症状を改善してみましょう。

・ストレッチ
ストレッチで、ドゥケルバン病を緩和させる方法があります。
手の甲に向かって1本ずつ指を反らして、ストレッチを行います。
この時、痛くならない程度で徐々に反らしていくことがポイントとなります。
手のひらのストレッチは、手のひらを下にして机に腕を置いて付けて、手のひらを90度に立てます。
もう片方の腕で指を掴み、10秒程度指を反らせます。

いかがでしたでしょうか。
ドゥケルバン病は、軽度の状態であればこのようなセルフケアで充分に対応できます。
それでも痛みが改善しない場合は、病院で診察を受けるようにしましょう。
放置しておくと悪化してしまうこともあり、違う病気が潜んでいる場合もあります。
指は常に使う部位ですので、悪化させず快適に使えるようにしましょう。

浜松市中区 ドゥケルバン病の発生なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

初回お試しク―ポンはこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記クーポンをご利用頂けます。

ホームページ特典

*簡単なご感想をいただくことがクーポン御利用の条件になります。
*パーフェクト整体は6000円(税抜)で初回ご体験していただけます。

12月は残り9名様です。
【2018年12月3日更新】

初回はLINEから簡単予約を!!
LINE

6480円→4000円の体験価格をしようとした理由は?

当院では骨盤矯正に力を入れていまして、実績や口コミが多数あります。
当院にいらっしゃるお客様は様々な来院動機がありますが、その中でも他院で「骨盤が歪んでいる,姿勢が悪い」と言われ骨盤の歪みが原因で肩こりや腰痛があったとしても、歪みや痛みを根本改善してもらえないお客様が多いことに気付きました。

私たちの骨盤矯正で一人でも多くのお客様のお役に立てればと思い、今回に限り来院していただきやすい価格にしました。
この価格でしたら、あなたにあった施術や人かどうか、まずはお試ししていただけると思います。

私たちのミッションは整体・骨盤矯正を通して浜松市の皆様の健康のお手伝いをさせて頂くことです。この機会に骨盤矯正の真の効果を体感していただき、皆様に健康を手にして頂けたら幸いです。

全額返金保証

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

当院は「予約優先制」となっておりますのでご予約いただくと、お待たせすることなくご利用頂けます。

電話: 053-424-7220
メールでのお問合せ
SP LINE

浜松市の整体 骨盤矯正「タスク整体院 早出町」の詳細情報

住所 〒435-0054 静岡県浜松市中区早出町230番地の1
電話番号 Tel:053-424-7220(予約優先制)
営業時間 平日 9:00~12:00 / 15:00~20:00
土曜 9:00~17:00

※時間外でもご相談に応じます。お気軽にご相談ください。
電話受付時間 平日 8:30~20:00
土曜 8:30~17:00
定休日 日曜・祝・祭日
最寄駅 遠州鉄道曳馬駅から車で5分, 徒歩15分
駐車場 駐車場13台あり

PAGE TOP

症状別メニューSHOJO
会社概要COMPANY
カテゴリーCATEGORY




浜松市の整体 骨盤矯正なら
タスク整体院 早出町

住所:〒435-0054
静岡県浜松市中区早出町230番地の1

Tel:053-424-7220




MENU

MAIL

TEL
HOME

このページの先頭へ