新着記事

【予約優先制】Tel:053-424-7220

浜松市中区 脊柱管狭窄症

2017-08-01 [記事URL]

他の整形疾患や血管の病気との鑑別が必要な脊柱管狭窄症

人間の頭蓋骨から臀部まで椎骨という骨が積み重なって背骨が構成されていて、それにより体を支えることができています。
その椎骨は椎体と椎弓からできていて、その間にある空間が積み重なってできる空洞が脊柱管と呼ばれるものです。
そして、その脊柱管の中には神経束や血管が通って、神経は脊柱管の中で枝分かれして体の各部へと伸びているのです。
つまり、背骨に囲まれた管状の空間が脊柱管で、神経を守るとても大事な役割を担っているのです。

しかし、加齢に伴い椎骨間のクッションの役目をしている椎間板の弾力性が低下して、脊柱管を取り囲む組織の変形が起こってしまうことがあります。
また、長時間の運転や重い物を抱える作業などをして腰に負担をかけると、脊柱管を取り囲む組織の変形を起こしやすくなってしまいます。
このように脊柱管が周りの組織の変形によって、神経が圧迫されて足の痛みやしびれが生じる疾患が脊柱管狭窄症です。
実は、足の痛みやしびれというのは神経の圧迫や血行の障害で起こる症状で、こうした神経の圧迫や血行の障害を起こす病気は数多くあってその代表的な疾患なのです。

この脊柱管狭窄症の症状として間欠性跛行というのがあります。
これは歩行中に足の痛みやしびれ・つっぱり感が出て歩けなくなるけど、しばらく休むとまた歩けるようになるといった症状です。
上体を反ることで神経の圧迫が起こるので、前かがみに休むと症状が緩和されるために起こるものです。
また、症状が進行してしまうと排尿や排便に関係する神経にも障害が起こることがあって、それにより排尿障害や便秘などの症状が現れる可能性も考えられます。

先にも触れましたが同じような症状がみられる病気もいろいろありますが、そうした他の病気との違いがあるので、それを知っておくのも参考として役立ちます。
足の痛みやしびれを伴う病気として腰部椎間板ヘルニアというのがありますが、これは椎間板がつぶれたり飛び出したりすることで神経が圧迫され症状が起こるものです。
その為、比較的若い年代が仕事やスポーツを契機に発症するケースが多いという違いがありますし、前かがみになると痛みが増強するといった症状の違いもあります。
同じ背骨の老化で発症する変形性脊椎症ですが、動き始めの腰痛やハリ感などが主な症状で、間欠性跛行や痛み・しびれなどの足の症状が見られないという違いがあります。

間欠性跛行がみられる別の疾患として、閉塞性動脈硬化症や閉塞性血栓血管炎などの血管の病気があります。
中高年に好発する点も類似していることから鑑別は非常に難しいのですが、痛みのある範囲や足先の冷感・足背の動脈触知による血行の状態に違いがあることで確認できます。
このように他の整形疾患や血管の病気との鑑別が必要になります。
ですから、足の痛みやしびれがみられる場合には、脊柱管狭窄症の可能性も含めて病院を受診して適切な診断をしてもらうことが大切です。
そうすることで適切な治療も受けられることにつながるのです。

浜松市中区 脊柱管狭窄症なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 腰椎椎間板ヘルニア

2017-07-28 [記事URL]

腰椎椎間板ヘルニアの治療と手術の考え方

ヘルニアというのは脱出を意味するラテン語の「Hernia」からきていて、体の中の臓器や組織が正常な位置から脱出した状態を指す言葉です。
この言葉が使われる疾患には様々なものがあって、そのひとつが腰椎椎間板ヘルニアです。
腰骨は5つの腰椎と1つの仙骨で構成されていて、その骨と骨の間にはクッションの役割をする椎間板があります。
この椎間板は、髄核という粘性のアンコが繊維輪という外側のパンの部分の中に入っていて、アンパンのような構造をしています。
そして、後方には脊柱管という管があって、その中には神経が通っているのですが、パンの部分が裂けてアンコが脱出してしまうと、神経に刺激を与えて痛み・しびれ・麻痺などを起こすのです。

こうした症状を起こしてしまう原因は、椎間板の髄核が脱出して神経を圧迫しているだけではなくて、その部分に炎症が発生しているからなのです。
つまり、炎症が発生しているために痛みの症状が起こっていて、その炎症を解消すればしびれやだるさだけの症状になると考えられます。
痛みがなくなればある程度の我慢はできるので、治療の主眼は脱出した髄核を引っ込めるのではなくて、その部分に発生している炎症をとることなのです。

このように治療の第一は炎症を抑えることなので、痛みが起こっている時には、体を動かさない様にして自分が一番楽姿勢で安静にすることです。
次は炎症を抑える薬で、医師が処方する痛み止めは消炎鎮痛剤で、炎症を治す効果も兼ね備えているので使用すると効果的です。
ただ薬が効かない場合には、炎症を起こしている部分に所麻酔剤や副腎皮質ステロイド剤などを注入する仙骨ブロックや腰部硬膜外ブロックなどの注射をします。
また、神経根や椎間板に注射をすることもあって、これも炎症をとることで痛みを治す目的があります。

椎間板ヘルニアの手術は必要なのかという点を疑問に感じる方も少なくないですが、経過を見ていても手遅れとなるようなことはありません。
その為、患者自身が手術を必要と感じなければ基本的に手術をしなくても大丈夫と言えるもので、患者自らが手術を受けようと考える時が手術が必要な時です。
ただ手術を受けた患者と受けなかった患者さんを比較した研究報告が合って、1年後では手術を受けたほうが良い成績でしたが、4年後ではほとんど差がないというものです。
しかし、尿失禁などの膀胱直腸障害や筋肉の麻痺により日常生活・社会生活に不都合を生じる場合には、一刻も早く手術を受けられた方が良いと言えます。
また、3ヶ月間治療しても良くならない時や激しい痛みが続くような時も手術を検討する必要があります。

このようなことをひとつの参考にして、病院での治療や手術を検討してみると良いです。
また、病院以外でも整体院や整骨院などの治療院で治療することも可能です。
まずは病院で検査をして適切な診断を受けた上で、医師と相談して治療院での治療を検討してみるのもひとつの選択肢です。
浜松市中区 腰椎椎間板ヘルニアなら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 ぎっくり腰

2017-07-08 [記事URL]

正しい対処方法でぎっくり腰の治療を

腰が急にグキっとなって激痛から動けなくなるぎっくり腰を経験をした方も少なくないですが、この名称はあくまでも俗称で正式には急性腰痛症と言います。
このように腰部に激痛が起こるのは、加齢などで椎間板が弱くなり亀裂が入っていたりするところに、無理な姿勢や重い物を急に持ち上げるといった外圧がかかることで起こります。
つまり、椎間板やそのまわりの筋肉で関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜の炎症などが起こることで痛みが生じるのです。
加齢に伴う変化は対処できないですが、重たい物を持つ時の体制や力の入れ方を意識したり、腰に負担のかかる体勢をとらないように心がけたりして、弱った椎間板を保護することは可能です。
このように、正しい姿勢や保護する方法を知って予防することが大切です。

昔は、ぎっくり腰になったらベッド上で当分安静でしたが、近年は多少動けるようになったら、痛みの状態をみながら日常活動を続けることが後々の痛みの改善につながると言われています。
発生した直後は、痛みのため動くこともできない状況なので、ベッドに横になって安静にするしかありません。
しかし、数時間~半日ベッドで様子をみて落ち着けば動ける範囲で活動することで、その際にベッドから起き上がるのなら、まずは仰向けに寝た状態から膝を立てます。
そして、膝を倒しながら丸太のように転がって横を向き、脚をベッドから降ろしてそれと共に手でベッドの手すりをもって、下になっている側の肘でベッドを押しながら起き上がると良いです。
ベッドではなくふとんで寝ている場合は、横を向きから四つん這いになって、横に置いた椅子を支えにして起き上がってみると良いです。
こうした起き上がり無理のない範囲で日常活動を続けることです。

急性腰痛に対する痛み止めの効果は認められているので、非ステロイド性抗炎症薬やアセトアミノフェンといった痛み止めの薬を使用すると効きます。
ちなみに非ステロイド性抗炎症薬は皮膚から染みこませる薬で、薬局やドラックストアで購入可能な商品がいろいろとあるので使用すると良いです。
ただ使用に際して注意したいことは、副作用として胃潰瘍を起こす可能性があるということで、用法・用量をしっかりと守って正しく使うことが重要です。
多く塗れば良いというのではなくて、逆に危険があるとりかいしておくことです。

急性腰痛を含め押しが痛い時に、温めるのか冷やすべきなのか迷うことも少なくないです。
ぎっくり腰は腰の捻挫なので、足などの捻挫と同様に冷やすべきという意見も少なくないですし、腫れて熱をもっている患部を冷やすと気持ちがよく痛みが引いたように感じます。
ただ残念ながら冷やすことに関しては信憑性のある報告はないのです。
しかし、特別害があるわけではないので、気分的に楽になるのであれば冷やすのもひとつの方法として良いです。
このような対処をすることで、ほとんどの人は1~2週間で症状が解消します。
ただ、いつまでも痛みが軽減・消失しない場合は、捻挫以外の原因があることも考えられるので、その時は詳しい検査をして医師の指示に従うとい良いです。

浜松市中区 ぎっくり腰なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 腰痛の原因

2017-07-01 [記事URL]

背中と腰の構造から腰痛の原因を考える

多くの方が悩まされる腰痛ですが、背中と腰の構造から原因を見てみることも必要です。
人間の背骨は横から見ると、単に柱を立てたような感じではなくて、首から背中そして腰にかけてS字形のカーブを描いています。
これは跳びはねた時などに脳へ振動が直接伝わってしまわないように、衝撃を吸収し振動が響きにくくするためです。
また背骨は、重い頭を支える頸椎が一番上で、その下に腰椎が続いて仙骨(骨盤)の上に乗っています。
そして、椎骨の間にクッションのような働きをする椎間板がある構造になっているため、曲げたり伸ばしたり捻ったりという動きができるのです。
しかしクッションのような働きをする椎間板は比較的老化が早くて、25歳を過ぎる頃から中央にある髄核の水分が減少して、35歳以降になると髄核を取り巻く線維輪の水分も減少し弾力性が低下します。
その結果、腰椎への衝撃が緩和できなくなって腰の痛みを引き起こしやすくなるのです。
その他にも、姿勢の悪さや一定の姿勢・筋肉や骨の老化・過度の運動や動作・内臓などの病気も腰の痛みの原因になる場合もあります。

このような原因で発生してしまうことが考えられる腰痛なので、先天的に骨の構造に異常がある人や腰が後ろに強く反っているような骨の形・配列に問題のある人は注意が必要です。
また、椎間板ヘルニアの人・華奢な人・筋肉のバランスの悪い人・筋肉が発達していなくて脂肪の多い人なども発生しないように心がけることが大事です。
それから、座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事をしている人、長時間同じ姿勢を続けている人、腰に負担をかけることが多い労働をする人なども腰の痛みには注意が必要です。

腰痛の予防と治療には様々な方法がありますが、筋肉や神経の疲れを解消して痛みを和らげたり、腰の筋肉や骨を強くしたりする栄養補給という点に注目してみるのも良いです。
ビタミンB1には筋肉や神経の疲れを緩和する働きがありますし、ビタミンEには血液の流れを良くして筋肉の緊張を解消する働きがあります。
またビタミンB1・B6・B12は、神経が正常に働くために大切な栄養素で、こうした栄養素を摂取することにより痛みを和らげることにつながります。
それから腰の筋肉や骨を強くしておくことも予防と治療には大切なことで、筋肉強化を目的に筋肉を構成するたんぱく質を摂取して背筋を付ける体操をすると良いです。
骨の強化にはカルシウムが必要で、2~3年周期で生まれ変わっているので毎日摂取していくと良いです。

腰の痛みに対する対処としては、患部を冷やす方法と温める方法があって、基本的には熱を持って炎症状態の急性の痛みは冷やし、慢性の痛みについては血行を良くするため温めます。
もし判断ができない場合には、どちらかの方法をやってみて気持の良い方を採用すると良いです。
患部の冷やし方は、水か氷水で濡らしたタオルで冷やすか、市販のコールドパックを使用すると良いですが、氷で長時間冷やすのは冷やし過ぎになるので注意が必要です。
患部の温め方は、お風呂で体の中まで温めるのが一番ですが、それ以外にもホットパックや使い捨てカイロ、マッサージなども効果的です。

浜松市中区 腰痛の原因なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市 ぎっくり腰 

 [記事URL]

 

ぎっくり腰と治療


ぎっくり腰についての説明と対処法について説明していきます。

*ぎっくり腰って何!?
簡単に説明すると急に腰に痛みが出現したものを俗にぎっくり腰といいます。
専門的な言葉を使うと急性腰痛です。

*ぎっくり腰になるとどうなる!?
ぎっくり腰になると程度にもよりますが、痛いです。
立つのも痛くてしんどい。
歩行もままならなくなる。
痛くて寝返りがうてない。
痛みで身体が真っ直ぐにできない。
前かがみの姿勢が楽ちん。

高齢者や骨粗鬆症方をお持ちの方は骨折を伴うこともありますが、
一般の方は骨が折れたしているわけではないので、
痛めてる部位に対しての治療が必要になります。
痛める部位は椎間関節,仙腸関節,筋肉など様々です。

*なんでぎっくり腰になるの!?
突然、腰背部に負担や外的な力がかかって発生することが多いです。
痛める原因は一概にはいえませんが、よくある例を挙げると・・・

掃除機をかけていたら「イタッ!」
お子さんを抱っこしようとしたり、いきなり飛びついてきた。
荷物を持ち上げようと体を屈めて踏ん張った。
車から降りようとして体を捻ったら激痛。
くしゃみをした反動で腰を捻った。
運動中に激しい動きをしていて腰に激痛。
起床時に起き上がろうした際に腰に痛み。
その他、諸々あります。

*ぎっくり腰治療のポイント
痛くて痛くてどうしようもないぎっくり腰ですが
早期の治癒を目指すなら
痛めたその日にご来院していただくことを強く勧めます。
ここで治療をするかしないかで予後が明らかに変わってきます。
当日が無理な場合は遅くとも2日~3日の間には来院して治療をしましょう。

*当院ではぎっくり腰専門治療を行っております
ハイボルテージによる疼痛治療もしくは,
徒手によるぎっくり腰専門治療をうけていただくと
立ち上がり,歩行ともに最初より明らかに楽になります。
ただし、炎症の沈静には時間を要するので無理は禁物です。
ぎっくり腰にも程度がありますから、その方のレベルに応じて
通院計画の立案と日常生活指導をしていきます。

メニュー料金

浜松市中区のぎっくり腰治療料金

「タスク鍼灸整骨院・タスク整体院」を初めてご利用のお客様は、初見料2160円を頂いております。
羽田野式ハイボルテージ療法      
3,240円(税込)

痛みを抑え、治癒を促進していきます。

ぎっくり腰専門施術     5,400円(税込)

*ぎっくり腰はぶり返すので注意!!
ぎっくり腰になってから、何度かぎっくり腰を繰り返した経験はありませんか!?
一度、腰部を強く痛めるとその後も再発するリスクがあります。
これは、同じ場所を繰り返し痛める場合と、
痛めた場所の負担を他の筋肉や関節で代償(補う)しようとして
他の場所を痛める場合があります。
痛めた組織は炎症がおさまってくれば痛み自体は軽減しますが、
痛めたことが原因で他の組織(皮膚、筋膜、筋肉)に傷める前よりも負担がかかってしまい、
姿勢や骨盤の歪みにもつながるり、結果として機能低下を起こす原因になります。
痛みが落ち着いてきた段階で整体をして負担のかからない状態にしてあげることが必要です。

*ぎっくり腰と内臓からくる痛みは違います!!
当院でも稀に内臓の病気が疑われる症例では紹介状を書くことがあります。
ぎっくり腰は急激な痛みでも何かしら外的な要因がある場合に起こるので
思い当たることがなく急に腰が痛くなった場合は注意が必要です。
ポイントは痛めたり、無理した覚えもなく安静にしていても
腰がズキズキして痛む場合はぎっくり腰とは違う治療が必要になりますので、
専門の病院にかかることをおススメします。
当院は筋肉や骨のプロなので運動器が原因の腰痛はお任せください。

*ぎっくり腰の予防
痛みが落ち着き,身体も骨盤も整ってきた。
あとはその状態を保つことが大切になってきます。
そこに重要になってくるのがインナーユニットといわれる
筋肉の集まり。
腹横筋,骨盤底筋群,多裂筋,横隔膜
これらがを機能的に使えることが必須になってきます
使えない人はこうなります。
こんな姿勢になりたい人はそういないですよね(;´・ω・)

インナーマッスルを自分自身では鍛えることが中々、難しいので当院ではコアレという特殊なマシンを用いて
インナーマッスルを鍛えてきます。

当院ではインナーマッスルを鍛えていくことはもちろん、
お家でできるストレッチや体操も指導しますのでお気軽にご相談ください

 


症状ページ

 [記事URL]

症状ページ


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

初回お試しク―ポンはこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記クーポンをご利用頂けます。

ホームページ特典

*簡単なご感想をいただくことがクーポン御利用の条件になります。
*パーフェクト整体は6000円(税抜)で初回ご体験していただけます。

8月は残り5名様です。
【2018年8月16日更新】

初回はLINEから簡単予約を!!
LINE

6480円→4000円の体験価格をしようとした理由は?

当院では骨盤矯正に力を入れていまして、実績や口コミが多数あります。
当院にいらっしゃるお客様は様々な来院動機がありますが、その中でも他院で「骨盤が歪んでいる,姿勢が悪い」と言われ骨盤の歪みが原因で肩こりや腰痛があったとしても、歪みや痛みを根本改善してもらえないお客様が多いことに気付きました。

私たちの骨盤矯正で一人でも多くのお客様のお役に立てればと思い、今回に限り来院していただきやすい価格にしました。
この価格でしたら、あなたにあった施術や人かどうか、まずはお試ししていただけると思います。

私たちのミッションは整体・骨盤矯正を通して浜松市の皆様の健康のお手伝いをさせて頂くことです。この機会に骨盤矯正の真の効果を体感していただき、皆様に健康を手にして頂けたら幸いです。

全額返金保証

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

当院は「予約優先制」となっておりますのでご予約いただくと、お待たせすることなくご利用頂けます。

電話: 053-424-7220
メールでのお問合せ
SP LINE

浜松市中区の整体 骨盤矯正「タスク鍼灸整骨院・整体院」の詳細情報

住所 〒435-0054 静岡県浜松市中区早出町230番地の1
電話番号 Tel:053-424-7220(予約優先制)
営業時間 平日 9:00~12:00 / 15:00~20:00
土曜 9:00~17:00

※時間外でもご相談に応じます。お気軽にご相談ください。
電話受付時間 平日 8:30~20:00
土曜 8:30~17:00
定休日 日曜・祝・祭日
最寄駅 遠州鉄道曳馬駅から車で5分, 徒歩15分
駐車場 駐車場13台あり

PAGE TOP

症状別メニューSHOJO
会社概要COMPANY
カテゴリーCATEGORY




浜松市中区の整体 骨盤矯正なら
タスク鍼灸整骨院・タスク整体院

住所:〒435-0054
静岡県浜松市中区早出町230番地の1

Tel:053-424-7220




MENU

MAIL

TEL
HOME

このページの先頭へ