新着記事

【予約優先制】Tel:053-424-7220

浜松市中区 足関節捻挫

2018-10-01 [記事URL]

【足関節捻挫とは】
足関節捻挫とは、じん帯損傷により歩行時に痛みや不安定性が発生している症状です。
ほとんどが、距骨の前方と腓骨を結んでいる前距腓じん帯の損傷です。
バスケットボールやバレーボールなどのスポーツの着地で足首をひねって発生してしまうことが多く、日常生活でも発症してしまうことがあります。
何気ない動作で捻挫をしてしまうこともあり、足関節捻挫というのは生活と隣り合わせとなっているケガともいえます。

捻挫というのは、関節にかかる外力よって非生理的連動が発生してしまい、関節を支持している靭帯や関節包が損傷してしまう状態です。
通常の動くべき向きの反対側に向いてしまい、強い力がかかることにより発症してしまいます。

多くの場合、外くるぶしの前や下に痛みが発生し、腫れが発生します。
そのため、外くるぶしの下部分を抑えると、痛みが確認されます。

足関節捻挫は足によくあるケガということで、軽く捉えてしまう場合もあります。
しかし、不完全な状態でスポーツを再開すると、不安定性や筋力低下などが残存していることにより、捻挫の再発などの後遺症を残してしまう場合があります。
そのため、捻挫は発症した際にきちんと改善させることが非常に大事となります。

足関節捻挫をしたら、まずは整形外科で診てもらいましょう。
腫脹や圧痛を確認して、内反や前方引出しテストなどを行って、診断を行います。
また、レントゲンで骨折の有無の判定や骨片のチェックなども行います。
近年はMRIを使って、靭帯や肥厚像、出血のチェックなども行う場合があります。

【足関節捻挫の治療方法】
足関節捻挫の治療は、このような方法で行っていきます。

・応急処置
ひねってしまった後は、すぐに応急処置を行うことが大事となります。
腫れている場合は安静にして、冷却して症状を緩和させます。
冷やし過ぎると凍結してしまうので、15分程度を目安にしてインターバルを取りましょう。
ひねってしまった場合は大丈夫と思って何もしない方もいるようですが、あとから痛みや腫れが酷くなってしまうことが大半です。
そのため、必ず応急処置を行うようにしましょう。

・保存療法
急性期は炎症を抑えることが大事となり、受傷直後は安静や冷却、圧迫、足挙げなどを行っていきます。
捻挫の重症度によって、包帯固定やサポーター固定、ギプス固定、松葉杖の使用などを行っていきます。
患部を動かすと悪化してしまうので、絶対安静が大事となります。

・回復期のリハビリ
ある程度回復して固定が外れたら、本格的にリハビリを開始します。
専門医の指示のもとにリハビリを行うようにして、我流で行うことは絶対にしてはいけません。

・整骨院や接骨院での治療
足関節捻挫の症状を、鍼灸治療などにより治療を行っていきます。
症状緩和へとみちびき、グンと楽になっていきます。
痛みが強い場合は、スムーズに楽な状態になることもできます。

・手術療法
重度な状態の場合は、手術が必要となる場合もあります。

 

浜松市中区 足関節捻挫なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 足底筋膜炎

2018-09-30 [記事URL]

【足底筋膜炎とは】
朝起きて歩き始めた際にかかとが痛くて足を付けることができずに、歩くのは辛いなんてことはありませんか。
このような症状が発生している場合、足底筋膜炎の可能性が考えられます。

足の裏には、体重を上手く支えるためのアーチがあります。
足底筋膜は、かかとの土踏まず側から足指の付け根部分まで扇状に伸びて強く張っていることにより、アーチをキープしています。
足底筋膜の不具合により発生してしまうのが、足底筋膜炎です。

足底筋膜炎の原因は、これらが挙げられます。

・ランニングなどのスポーツの際の足への負担
・加齢による足底筋膜の劣化や変性

大きく分けて、この2つの原因が考えられます。
足部のアーチ部分で、スプリングのように荷重時にショックを吸収することができるのですが、繰り返す牽引刺激があると腱が変性してしまい、微小断裂や炎症が発生してしまいます。

このような人が、足底筋膜炎になりやすい傾向があります。

・普段運動をしてなかった太が突然激しい運動をした
・長距離のマラソンやジョギング
・床が高い場所に居ることが多い
・太り過ぎなどに肥満の人
・長時間の立ち仕事を行っている人
・硬かったりクッション性のない靴を履いている人
・ハイヒールを好んで履く
・糖尿病患者
・関節炎患者

足底筋膜炎の痛みの発症は、「朝起きてすぐの歩きはじめ」や「長く座っていた後の歩きはじめ」など、ずっと動かずに急に動いた際に痛みが出るのが特徴です。
特徴的に痛みがひどい場合は、足を地面に付けることができないほど、強い痛みが発生してしまうこともあります。
痛みは主に、くるぶしの内側に発生する傾向があります。
動き始めのみに痛みを感じ、じっとしている時や一定時間動くと痛みが減少する場合が大半です。
炎症が強い場合や慢性化してしまうと、1日中ずっと痛みが続くこともあります。

【足底筋膜炎の改善方法】
足底筋膜炎は、このような改善方法を行っていきます。

・安静
1番の改善方法は、急所の休息です。
ランニングやジャンプを休止して、負担を掛けないようにしましょう。

・インソールの使用
足底板やインソールを入れて歩行することにより、足のアーチを支えて改善へとみちびくことができます。
治療効果が現れるまでの期間は個人差があり、数か月かかる場合が大半なので根気よく行うことが大事となります。

・薬物療法
痛みがある場合は、消炎鎮痛剤や湿布などの薬物などで治療を行っていきます。
痛みが強い場合は、ステロイド注射で痛みを取り除きます。
ステロイド注射は頻繁には使えないので、どうしても痛い場合のみに使うようにしましょう。

・物理療法
低周波や千歩波、低出力レーザーなどの、物理療法で治療を行っていきます。
治療は整形外科や整骨院、接骨院でも受けることができます。
病院まで毎回治療を受けに行くのが大変な場合は、お近くの整骨院や接骨院で受けることをオススメします。

・手術療法
保存療法を行っても改善せず疼痛が酷い場合は、骨棘の骨切除術を行う場合もあります。

 

浜松市中区 足底筋膜炎なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 肉離れ

2018-09-29 [記事URL]

【肉離れとは】
肉離れは、筋肉のケガです。
筋肉が部分断裂してしまう症状であり、腱の損傷も含みます。

肉離れが発生してしまう理由は様々であり、走る動作や瞬発的な動作、関節の動きによって筋肉が延ばされる際に逆に収縮力が加わることにより、損傷してしまいます。
何かとぶつかってしまい筋肉を損傷した場合は筋打撲傷といい、この場合は肉離れとはいいません。

肉離れがよく発症する部分といえば、太股の裏側の「ハムストリング」という部位です。
ハムストリングとは、大腿二頭筋や半腱様筋、半膜用筋などの、膝を曲げる筋肉の総称です。
裏側の大腿四頭筋の収縮によって膝関節が伸びることで、裏側にあるハムストリングスが伸びます。
この際、強く踏んだ地面から跳ね返ってくる力などが加わり、ハムストリングスに収縮する方向の力が動くことで、損傷してしまいます。

肉離れの症状は、軽度な症状から歩行困難な重度な症状まであります。
肉離れした筋肉を伸ばしたり押すと、痛みが発生します。
患部を伸ばして痛みを感じる場合は、肉離れを疑って専門医の診察を受けましょう。

肉離れは筋肉のケガですので、レントゲンでは異常は見当たりません。
超音波検査やMRI検査を行うことで、症状を確認することができます。
肉離れのMRIの所見では、このようなケガの程度の分類となります。

・Ⅰ型:筋肉の繊維を損傷 復帰時期:約2週間
・Ⅱ型:筋肉と腱膜の損傷 復帰時期:約6週間
・Ⅲ型:腱が骨に付着している部分の損傷 復帰には時間がかかる

押した際に痛みが発生する場合や筋肉を伸ばした際に痛みが発生する間は、競技動作を中止する必要があります。
症状が改善するまで、競技復帰はできません。

【肉離れの治療方法と予防方法】
肉離れの治療方法は、このような方法で行っていきます。

・受傷直後の治療
受傷後48時間の治療が大事となり、安静や氷・アイスパックなどによる冷却、包帯での圧迫、枕などで挙上を行って、血腫の形成や炎症を抑えます。

・軽症の場合
軽症の場合は、ストレッチや関節を動かす訓練を行います。
痛みがなくなった時点でジョギングを開始して、段階的に運動レベルを上げて、受傷後1~2週間ほどで競技復帰を目指します。

・中等症の場合
中等症の場合は、積極的にストレッチを行っていきます。
中等症の場合再発危険性があるので、強い負荷の動作はMRIで腱の修復が確認されてから開始しましょう。
復帰には、4週間から3カ月ほどかかります。

・重症例の場合
重症例の場合は、筋肉の機能不全が残存しているので、競技レベルの低下を招いてしまうことがあります。
そのため、競技選手の場合は手術が必要となる場合もあります。
復帰には、4~6か月ほどかかります。

・整骨院や接骨院での治療
整骨院や接骨院での治療は、筋肉をマッサージしてほぐしながら、筋緊張の緩和や血行促進へとみちびき、症状を改善していきます。
ピンポイントで治療を行っていくので、症状の早期改善へとみちびくことができます。

 

浜松市中区 肉離れなら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 第2Kohler病

2018-09-28 [記事URL]

【第2Kohler病とは】
第2Kohler病は、足の骨の26個の内、第2中足骨の骨頭部先端部の組織が、繰り返し圧迫力がかかってしまうことで血液の循環障害によって壊死してしまい、痛みが発生してしまう病気です。
骨の無腐性壊死が第三指、第四指の付け根の骨に発生し、関節の変形や痛み、腫れを発生させます。
両側例が、10%程度みられます。
原因は、不明と言われています。

思春期に多く見られる病気であり、10代に多く発生しており、12~18歳に多く好発します。
男女別では、女性が男性よりも3~4倍ほど多く発症します。

第2Kohler病の発病の経緯は、このような感じとなります。

・外傷に続発することもあるが、原因不明の場合が多い
・徐々に足前方の荷重が強くなっていき、痛みがはじまっていきます。

第2Kohler病の症状は、このような感じで発症します。

・踏み返しの際に患趾(かんし)の付け根の関節部分に疼痛が発生するので、その部分への荷重を避ける歩き方となります。
・罹患(りかん)した中足骨骨頭に一致する、疼痛や圧痛・腫脹が発生します。
・趾の軸方向に力を加えることで、疼痛を訴えます。
・関節の可動域制限が、が発生します。
・第2中足骨が最も多ですが、他の中足骨が罹患することもあります。

第2Kohler病は、初期治療を行うことがとても大事となります。
早期より徹底した治療を行わないと、関節変形を起こしてしまって疼痛が残りやすくなってしまうので、注意が必要となります。

第2Kohler病の検査と診断は、このような内容で行っていきます。

・初期段階ではレントゲンでの異状は確認されませんが、数週間後に変化が出てきます・
・2年ほどで、レントゲン上で治ります。
・治療が遅れてしまった場合、骨頭が変形してしまい疼痛が残ってしまいます。
・中足骨疲労骨折とリウマチ性関節炎との識別が大事となり、レントゲン像が鑑別に有用となります。

【第2Kohler病の治療方法】
第2Kohler病は、強い症状は短期間に消える傾向があります。
症状が継続する期間は、保存治療で改善へとみちびきます。
このような治療方法で、改善へとみちびきます。

・軽度の場合
足船状骨への負担を軽くするために、靴敷きを使って負担を軽くさせます。
靴敷きは第2Kohler病専門の靴敷きが必要となるので、専門医に相談をして適した靴敷きを使うようにしましょう。
室内での歩行は、自由に行ってOKです。
痛い足に負担をかけないように、松葉杖を使って生活をします。

・重度の場合
重度の場合は、歩行用ギプスを巻いてしっかり固定します。
この場合も、松葉杖を使って荷重を避けます。
軽度になってきたら、専用の靴敷きを使って中足骨頭に圧力をかけないように生活していきます。
重症化してしまった場合は、手術を行う場合もあります。

第2Kohler病の場合は、日常生活で中足骨頭に負担を掛けないことが重要となります。
かかとの高い靴や長時間のウォーキングやランニングなどの、足に負担がかかることは一切行ってはいけません。
足の骨には自分の体重がかかってしまうので、なるべく体重を減らして負担をかけないようにしましょう。

 

浜松市中区 第2Kohler病なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 第1Kohler病

2018-09-27 [記事URL]

【第1Kohler病とは】
足の骨は全部で26で形成されており、第1Kohler病はそれらの骨のうちの舟状骨の組織が血液の循環障害により壊死してしまい、痛みが発生してしまう病気です。
舟状骨がある足の甲の部分に腫れや痛みが出る病気であり、痛みのために歩きにくくなってしまいます。

幼児や小児期に発症することが大半であり、4~5歳ごろに多く見られる病気です。
男女別は、男性が女性よりも4~6倍ほど多い傾向があります。
両側例が約3分の1にみられますが、症状は左右に差があることが大半です。

発病の経緯は、明らかな外傷歴がないことが大半です。
繰り返し負荷がかかったことにより、発症が認められる場合もあります。
急性発症は稀であり、慢性に経過して発症することが多くあります。
そのため、原因がわからずに気がついたら発症していた、というケースは少なくありません。
原因不明の病気と言われていますが、一説には成長期の一時的な発育障害ではないかとも言われています。
子供の靴は軽い物を好む傾向がありますが、軽い靴が原因となっていて舟状骨無腐性壊死となっているのではともいわれています。

このような症状は、第1Kohler病が疑えます。

・足背内側や足舟状骨に一致する疼痛、圧痛があり、歩きたがらない、歩き方がおかしいなどの症状

・腫脹は反応性の滑膜炎によって認められますが、熱感がない場合が多い傾向があります。

・関節の動きに制限はなく、足首の内返しにより疼痛が発生することもあります。

お子さんに特に原因がなく足背周辺の痛みを訴えた場合は、第1Kohler病を疑いましょう。

第1Kohler病は、経過観察で改善していく病気です。
しかし、他の病気が隠れているかもしれないので、おかしいなと思ったら1度整形外科で診察を受けましょう。
万が一痛みが残った場合は、別の病気の可能性があります。
まずは何が影響を与えているのか細かく検査をして、他の病気が隠れていないかを確認しましょう。

【第1Kohler病の治療方法】
第1Kohler病は、治療により1年くらいで良くなっていきます。
すぐには改善しませんが必ず改善しますので、根気よく治療を続けていきましょう。

第1Kohler病の治療は、治療というよりは、器具を使って安静にしていく経過観察の治療方法となります。
このような治療方法で、改善へとみちびきましょう。

・軽度の場合
足舟状骨への負担を軽くするために、土踏まずを高くした靴敷きを使って、異状のある骨に体重がかからないように治療を行っていきます。
室内では、自由に歩行しても問題ありあせん。
専用の靴敷きを使うので、専門医に相談をして購入しましょう。
一般的な靴敷きでは、全く意味がありません。

・重度の場合
歩行用ギブスを使って、3~6週間安静にします。
疼痛が酷い場合は、歩行を禁止します。
症状が良くなってきたら、軽度の場合と同様に靴敷きを使って治療を行っていきます。
激しい運動は、禁止となります。
重度の場合は安静の度合いにより完治までの時間が変わりますので、しっかりと安静にして症状をやわらげることを心がけましょう。

 

浜松市中区 第1Kohler病なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 疲労骨折

2018-09-26 [記事URL]

【疲労骨折とは】
疲労骨折とは、骨に疲労が蓄積されてしまうことにより、発生する骨折です。
同じ動作を繰り返したり、体の一部分に軽い衝撃が継続してかかることにより、ヒビが入ったり完全な骨折状態となってしまうこともあります。
疲労骨折はアスリートに多い症状であり、短期間に集中的なトレーニングを行った際に発生することが多くあります。
初期段階には運動時のみに痛みを感じ、進行していくと安静時にも疼痛が発生してしまいます。

疲労骨折が発生するのは、このような原因があります。

・スポーツやトレーニングで過度な負荷をかけている場合
ジャンプや切り返しなど、同じ部位に負担を掛けてばかりいると、骨への負担が増大してしまい、疲労蓄積によって疲労骨折を発生させてしまいます。

・日常生活において同じ部位にばかり集中的に負荷をかけている場合
過度な運動をしていなくても、同じ部位にばかり集中的に負荷をかけることが多い人も、疲労骨折と鳴ってしまう場合があります。

・栄養不足
いわゆる、骨密度が少ない方に疲労骨折が発生してしまう場合があります。
骨の強度や弾力・体制を作っているタンパク質に含まれているコラーゲンは、カルシウムやリン・マグネシウムなどのミネラルが組み合わされて作られています。
不足してしまうと骨がモロくなってしまい、疲労骨折になりやすくなってしまいます。
リンは食品加工品や保存料に多く含まれているので、過剰摂取するとカルシウムの吸収を抑えてしまうので、取り過ぎに注意しましょう。

・女性特有の疾患やホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンの一種のエストロゲンは、骨吸収を抑える働きをしてくれるので、骨を丈夫にします。
女性ホルモンのバランスが崩れることでエストロゲンの働きが弱くなってしまい、骨がもろくなってしまいます。

おかしいなと思ったら、専門医に相談をしましょう。
明らかな外傷がなく慢性的な痛みがある場合は、疲労骨折を疑いましょう。
疲労骨折は、レントゲン検査で診断することができます。
疲労骨折の場合レントゲンに写りきらない場合もあり、その場合は3~4週間後に再度レントゲンを撮って確認することがあります。
また、必要な場合はMRIや骨シンチグラフィーなどの検査を行うこともあります。

【疲労骨折の予防】
疲労骨折は、場合によっては重症化してしまうこともあります。
そのため、未然に防ぐことが大事となります。
誰でもできる効果的な疲労骨折の予防方法を、ご紹介いたします。

・運動前後のストレッチ
運動の前後にストレッチを行うことで、骨に付着している筋肉を柔軟にすることができるので、骨折しにくい状態とすることができます。
張りを感じている部分をはじめ、全体的に体を伸ばすことで効果を高めることができ、骨にかかる負担を減らすことができます。

・骨を丈夫にする栄養素の摂取
骨の生成のためには、必要な栄養素を積極的に摂取することが大事となります。
カルシウムやタンパク質、マグネシウムなどを、積極的に摂取しましょう。

 

浜松市中区 疲労骨折なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区 セーバー病

2018-09-25 [記事URL]

【セーバー病とは】
セーバー病とは、10歳前後の男の子に多く見られる症状であり、かかとの軽い腫れや圧痛、歩行時痛などの症状を発します。
活発な子供やスポーツやダンスを行って子供がかかとの痛みを訴えた場合は、セーバー病との疑いがあります。
激しい運動の後に症状が出ることが多くあり、かかとの痛みが発生するので、つまさき歩きとなってしまうこともあります。
かかとを付けて歩けないお子さんは、セーバー病を疑うべきといえます。

発育期の子供の弱い踵骨骨端部に運動などによって大きな負荷がかかってしまい、それにアキレス腱の引っ張る力が持続的に加わってしまうことにより、踵骨に血流障害が発生してしまい、踵骨骨端核の壊死や骨軟骨円を発症してしまいます。

セーバー病は、このような症状を発してしまいます。

・痛みがひどい場合は、つま先歩きとなってしまう
・アキレス腱が踵骨に当たる部分に腫瘍があり圧痛がある
・アキレス腱を伸ばす様にウ侵すと疼痛があり、運動制限が発生する

痛みが1日位で治まって普通に歩ける場合は、しばらく様子を見ても良いです。
しかし、痛みが続いたり何度も繰り返す場合、腫れがある場合は、整形外科を受診しましょう。

セーバー病の診察は、整形外科で行います。
レントゲンで、踵骨後端部の骨化核に変化があるので、判断ができます。
セーバー病は治療したと思うと再発する場合もありますが。ほぼ完治する予後良好の病気です。
そのため、おかしいなと思ったらすぐに治療を受けるようにしましょう。

【セーバー病の治療方法】
セーバー病は、このような方法で治療を行っていきます。

・安静
安静にすることで、症状緩和へとみちびくことができます。
動かさず安静にして、症状改善へとみちびきましょう。
歩く場合は、松葉杖を使って負荷を避けるようにしましょう。

・アイシング
痛みがある場合は、アイシングをして症状緩和へとみちびきます。

・薬物療法
痛みが強くある場合は、鎮痛薬などを使って痛みをやわらげます。
強い痛みがある場合は、注射療法で痛みを取り除きます。

・アキレス腱伸長訓練
痛みがなくなってきたら、アキレス腱の伸長訓練を行います。
自己流では負担がかかってしまう場合があるので、専門医の指導のもと行うようにしましょう。

・整骨院や接骨院での治療
整骨院や接骨院での治療では、症状が発生している部分に鍼灸治療などを行って、直接症状緩和へとみちびきます。
何をやっても症状が緩和しない場合は、整骨院や接骨院での治療がオススメです。
たった1回の施術で、7~8割の痛みが減少したという声も挙がっています。

セーバー病を再発させないためには、運動前のウォームアップやストレッチが、大きな予防効果へとみちびきます。
また、使い過ぎも再発へとつなげてしまいますので、足やかかとの過度な使い過ぎは行わないようにしましょう。
子供は過度に動く習性があるので、周りの大人が見守って気付いて挙げることが大事となります。

 

浜松市中区 セーバー病なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。
※あくまで豆知識であり、内容を保証するものではありません


浜松市中区  シンスプリントの治療の大原則

2018-04-01 [記事URL]

シンスプリントの治療の大原則は練習を中止すること?

慢性的な痛みが運動時や運動後に下腿の内側に起こる症状をシンスプリントとか過労性脛部痛と呼んでいます。
これは、全てのスポーツ選手で起こる下腿障害の約60%を占めるとも言われていて、走ることの多いスポーツ選手や愛好家には頻度の多い疾患です。
ただ痛みを我慢してスポーツを続けていると走れなくなってしまいますし、疲労骨折を引き起こして長い間運動を中止することになる可能性があります。
また適切な治療をしないで長い時間経過してしまうと非常に治りが悪くなるので、早期に治療を始めるように心がけることが大事です。
治療の大原則は、痛みが起きている場合には練習を中止することで、これを厳守しないと先に触れたように一生その傷害を引きずって自身を痛め続ける可能性があります。
ちなみに、軽度であればこの痛みは1週間程度で引きますが、連発や重度の症状のなら痛みが消えるまでに約1~2ヶ月程度かかることもあります。

痛みが生じているのに我慢することで得られるものは何もないので、可能な限り痛みを取り除くことを実施することが必要です。
その方法のひとつは痛み止め薬を用いることで、もっとも即効的に取り除くことができます。
一般的に飲み薬として用いられているのは非ステロイド性抗炎症薬で、痛み止めによっては腫れを引かせる効果もあります。
様々な薬が市販されているので服用すると良いですが、慢性的な使用にならないように注意して他の方法も併用して服用することを心掛けることです。
重度の症状では強い痛みと共に熱を持っているケースも多いので、痛みを改善するためにアイシングを行うのも効果的です。
痛みや腫れを和らげるためには、患部を触って痛みがあるかを確認しながら、3~4時間おきに20~30分程度冷やします。
ただ患部を触った時に触る感覚が分からないような場合は冷やし過ぎなので、そのように事にならないよう注意して冷やす必要があります。

それから血行促進を心掛けることも、シンスプリントの予防や治療につながることです。
血行促進することは、筋肉を温めて能力が十分に発揮できるようにする、損傷部位の回復を促す、筋肉を軟らかくするなどのメリットがあります。
てすから、スポーツ前にウォーミングアップをすることが大切ですが、筋肉が多い部分と違ってスネの内側は筋肉が少ないため温まりにくいことをしっておく必要があります。
スネ周辺が温まっていないうちに走りだしてしまうと引き起しやすいので、痛みがある場合・回復期・練習復帰後も十分に温めるようにすることです。
その方法としては、手指でスネから足裏までじっくりと揉みほぐすと良いですし、ストレッチポールなどのグッズを使用してスネの筋肉をまんべんなくマッサージするのも効果的です。
それから、痛みの解消のためにテーピングを使用することもありますが、シンスプリントでは筋肉を緩めることが必要なので、一般的なテーピングはNGと理解しておく必要があります。
もしテーピングをするのなら収縮性の高いテープを使用して、筋肉や血液の動きを良くすることを考えると良いです。

 

浜松市中区  シンスプリントの治療の大原則なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 シンスプリントの発生

2018-02-14 [記事URL]

【シンスプリントの原因と症状】
シンスプリントとは、下腿内側の脛骨の下の方1/3に痛みが発生する障害です。
1か所に集中する痛みではなく、スネの骨に沿ってうずくような鈍痛からはじまるのが特徴です。

シンスプリントの多くの場合は、運動開始時に不快感が表われます。
その後不快感は無くなり、運動を終了するくらいのタイミングでまた不快感が発生することが大半です。
その後、ベッドから来上がる時や日常生活の動作の中でも痛みを感じるようになり、生活へと影響してしまいます。

シンスプリントはオーバーユースが原因であり、ランニングやジャンプなどを過度に繰り返し行ったことで発症しやすい障害です。
以下のような原因で、シンスプリントは発生してしまうことがあります。

・過度の運動量
・運動時間の多さ
・運動内容の過酷さ
・堅い路面での運動
・薄く硬いシューズを履いて運動
・O脚や回内脚、偏平足などの下肢の形態異常
・下腿三頭筋の柔軟性の低下
・股や膝、足開節の柔軟性の低下
・足開節可動制限

これらが、シンスプリントの発生の誘因となっています。
中でも、新入部員によくある急激な運動量の増加が、1番の影響といわれています。
スポーツの中ではランナーに発生頻度が多く、20~50%に発生するといわれています。

シンスプリントは骨膜の炎症でるので、レントゲンには変化が出ない場合はあります。
MRI画像では、脛骨の肥厚した状態が映ることがあります。

【シンスプリントの治療方法】
シンスプリントの治療方法は、以下が挙げられます。

・安静
急性期の初期段階であれば、安静で緩和されてきます。
ランニングなどの動きを一切やめ、痛みが出なくなるまで安静にします。

・消炎鎮痛剤などの治療
痛みを改善させるべく、消炎鎮痛剤などの薬を使ってケアします。
軽度な痛みであれば、この治療でかなり楽になります。
アイシングが効果的という人もいるようですが、アイシングでは血管拡張物質の放出抑制へとつなげてしまうので、炎症を抑えることができません。
シンスプリントにアイシングをしてしまうと症状を長引かせてしまうことがあるので、行わないようにしましょう。

・形成補正
形成補正のために足底板を使用して、症状を楽にしていく方法です。

・サポーター
サポーターを付けることで痛みが和らぐので、効果的です。
中にはサポーターを付けてスポーツをする人もいるようですが、サポーターを付けたままでのスポーツは悪化につながるのでオススメできません。

・リハビリ
強い痛みがない場合は、リハビリをしてストレッチを行います。
エアロバイクやタオルギャザー、チューブトレーニングを行い、徐々に練習量を増やしていきます。
急激に練習量を増やしてしまうと痛みが戻ってくる事もあるので、注意して行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
シンスプリントはスポーツのオーバーユースで起きてしまいます。
スポーツをしている人に多い症状なので、スポーツをしている人は必見です。
症状が悪化してしまうとスポーツ活動に影響が出てしまうので、注意しましょう。

浜松市中区 シンスプリントの発生なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 外反母趾の辛い痛み

2018-01-14 [記事URL]

【外反母趾の原因と症状】
外反母趾は、このような原因により発生してしまいます。

・生まれつき
生まれつき骨の形状が変わっており、外反母趾の形になっている人がいます。
先天性の外反母趾、ということとなります。

・かかとに体重を掛け過ぎている
人は、足の全てで体重を支えるのが一般的です。
しかし、かかとに体重を掛け過ぎて立つ癖がある人は、指部分で体重を支えられない状態となっています。
指が体重を支え切れなくなると、指を握る筋肉が退化してしまうことで浮指となってしまい、外反母趾となってしまいます。

・指を使って歩いていない
歩くときに指自体を使わずに指の付け根で歩くクセの人も、浮足となってしまい外反母趾となってしまいます。

・窮屈な靴を履いている
幅の狭い窮屈な靴を履くと、母子の付け根から足先が圧迫されてしまい、変形することで外反母趾となってしまいます。

以下のような症状がある人は、外反母趾の可能性がありますよ。

・自分の足に合っていない靴を無理して履いていると足が痛い
・足の親指がくの字に曲がっている
・足の指と指の間に皮膚トラブルが発生している
・親指の出っ張った部分に痛みを感じる
・親指の出っ張った部分が腫れている
・足の裏にタコができている
・巻き爪になっている

この項目に1つでも当てはまっている場合は、外反母趾の可能性があります。
外反母趾特有の形になっていなくても発生している可能性がありますので、勘違いしないようにしましょう。
時間をかけて変形していくので、気になったらすぐに改善することをオススメします。

【外反母趾の改善方法】
外反母趾は、日常生活の動きを変えるだけで緩和させることができますよ。
誰でもできるケアなので、是非試してみましょう。
外反母趾の自己ケアは、これらが挙げられます。

・足指を使って歩こう
外反母趾のほとんどの人が、足指を使わず歩いています。
足指を使って歩く事で衰えた足の筋力を改善できるので、意識して足指を使って歩いてみましょう。
足の筋力を高めることで、親指が曲がりにくくなり外反母趾を改善させることができます。

・足先のゆったりした靴を履く
足先をきつくしてしまうと外反母趾になりやすいので、足先のゆったりした靴を履くようにしましょう。
1番は、スニーカーのような形のゆったりとした靴です。
足先に余計な圧を掛けずに済むので、外反母趾状態が緩和していきます。
今見はかなり軽減していくので、楽になっていきますよ。

・外反母趾運動をする
外反母趾運動とは、足指の筋肉を強化するために運動を行うことです。
外反母趾運動は簡単で、足指でグーやチョキ、パーを行って運動をしていきます。
普段このような足指の動きはしないので、グー、チョキ、パーをすることで簡単に足指の筋肉を強化することができます。
足指の筋肉を強化することで、外反母趾改善へとみちびくことができますよ。

・親指と人差し指の間に装具をはめる
外反母趾のでっぱりを改善するためには、親指の傾きを変えることです。
親指と人差し指の間に装具をはめることで、親指の傾きを正常な状態にすることができます。
はさめる装具はなんでもよく、タオルでもOKです。
続けることで、親指の傾きを改善させることができますよ。

いかがでしたでしょうか。
辛い外反母趾は、自己ケアで改善させることができますよ。
外反母趾の辛い痛みがない、快適な脚になりましょう。

浜松市中区 外反母趾の辛い痛みなら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 モートン病の痛み

2018-01-07 [記事URL]

【モートン病の痛みってどんな感じ?】
モートン病は、現代病と言われるほど多くなってきた症状の1つです。
特に、若い女性に増えてきている症状と言われています。
モートン病の具体的な症状は、これらが挙げられます。

・足の裏の足指の間に起きる痛み
足の指の付け根から指先にかけて、痛みが発生します。
靭帯が圧迫されたことにより、強い痛みが発生するという流れです。
電気が走ったような痛みや、焼けるような痛みに感じるという声が多くあります。
痛みの出方は、人によって様々です。
大半の人は、強い痛みを感じるといった声が挙がっています。
ひどい場合は、足の指先からヒザまで痛みが広がる場合もあります。

・足の裏の足指の間に起きるしびれ
足の指の付け根から指先にかけて、しびれるような痛みが発生します。
ピリピリしたりビリビリしたり、チクチクしたりなど、症状は様々です。

・足の裏の知覚障害
足の裏や足の指に、知覚障害が発生してしまう症状です。
刺激を与えても感覚を感じにくく、場合によってはマヒしてしまうこともあります。

・足の裏の腫れ
モートン病は神経腫ができてしまうことがあり、その部分が腫れてしまうことがあります。

モートン病は、軽度の場合は自己ケアでも改善することができます。
少しでも改善して、楽な状態になりましょう。

【モートン病の痛みを緩和させる方法】
モートン病の痛みは、セルフケアでも軽くさせることができます。
生活改善を含めた簡単なセルフケアを集めてみましたので、チャレンジしてみましょう。

・ハイヒールなど足に負担を掛ける靴を履かない
足に負担を掛けることは、モートン病が悪化する原因となります。
ハイヒールやパンプスのような、脚に負担を掛ける靴は絶対に避けるようにしましょう。
逆に幅の広い靴を履くようにし、足先に余計な負担を掛けないようにしましょう。
スニーカーのような、幅広い靴がオススメですよ。

・中腰にならない
中腰の姿勢は、足先に大きな負担を掛けてしまいます。
姿勢を良くして、中腰にならないようにしましょう。

・インソールを入れて歩く
インソールを靴の中に入れると、ゆがんでしまった骨を矯正することができます。
足の形を正しくすることができるので、モートン病を改善させることができます。
モートン病用のインソールがありますので、そちらを採用すると良いですよ。

・血流を良くする
血流を良くする事で、痛みを緩和させることができます。
入浴で湯船に浸かって、血流を良くしてみましょう。
また、痛みが緩和してきたら、運動をすることで血流を良くすることもオススメです。
運動は足に負担をかけるので、痛みがあるうちは運動で血流を良くすることはオススメ出来ません。

いかがでしたでしょうか。
モートン病かなと思ったら、これらのセルフケアをしてみましょう。
辛いモートン病の症状が和らぐので、オススメですよ。
セルフケアをしても全く改善しない場合は、専門医の診断を受けるようにしましょう。

浜松市中区 モートン病の痛みなら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 アキレス腱周囲炎の主な原因

2017-12-08 [記事URL]

【アキレス腱周囲炎の原因】
アキレス腱が炎症を起こすことで痛みが出てしまうのが、アキレス腱周囲炎です。
アキレス腱周囲炎痛みの出方としては、このような症状があります。

・くるぶしが痛い
・ふくらはぎが痛い
・かかとが痛い

このような痛みの場合は、アキレス腱周囲炎の可能性があります。
走ったり足を踏んばったりすると、痛みが発生します。
また、中には何もしていないのに痛みが発生してしまうこともあります。

アキレス腱周囲炎の主な原因は、以下が挙げられます。

・アキレス腱の伸ばし過ぎ
・靴が足に合っていない
・過度なスポーツや運動で足を使い過ぎた
・偏平足など足の形が変わっている
・加齢によるアキレス腱周りの柔軟さの衰え

アキレス腱周囲炎かなと自覚症状があったら、まずは自己ケアで緩和させてみましょう。

【アキレス腱周囲炎の改善方法】

アキレス腱周囲炎になったら、まずは安静を保つ事が大事となります。
できるだけ足を使わないよう、歩かないようにすることが1番と言われています。
しかし、日常生活を過ごすためには、動かないわけにはいきませんよね。
なるべく安静にするようにし、過度な負担を足に与えないようにしましょう。
アキレス腱周囲炎の自己ケアは、これらがオススメです。

・アイスング
アキレス腱の周囲が炎症を起こしているので、アイシングで冷やすことが有効的となります。
熱を持った部分にアイスパックなどを使って、冷やして緩和させましょう。
アイシングにより腫れが引くので、炎症を抑えることができます。
痛みも楽になっていきますよ。

・湿布をする
湿布をすることで、長時間アイシング効果を発揮させることができます。
市販の湿布でいいので、患部に貼って安定させましょう。

・テーピング
歩くことが困難なほど痛みが出ている時は、テーピングを巻くと痛みが緩和されますよ。
テーピングが上手くいかない場合は、サポーターでもOKです。
固定されることで、痛みを緩和させることができます。

・ヒールパッドを靴に入れる
ヒールパッドというのは、靴の中に入れてかかとを高くしてあげるアイテムです。
かかとを高くすることで、痛みが緩和されることがあります。
普通に歩くことができるようになったら、ヒールパットを取り外しましょう。

・入浴後のマッサージ
入浴した後は筋肉がほぐれやすいので、ふくらはぎをマッサージすることで痛みが緩和されます。
患部の血行が良くなるので、オススメですよ。
ただし、痛みがひどい場合は悪化させてしまうことがあるので、オススメできません。

・靴選びを変える
靴の形によってふくらはぎに圧をかけてしまい、アキレス腱に負担をかけてしまいます。
ヒールのような圧迫感のある靴は履かず、スニーカーなどの横幅のある靴を履くとよいですよ。

いかがでしたでしょうか。
アキレス腱周囲炎は、自己ケアで緩和させることができます。
お医者さんに診てもらう前に、是非ケアしてみましょう。
軽度な症状であれば、治すことも可能ですよ。

浜松市中区 アキレス腱周囲炎の主な原因なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

初回お試しク―ポンはこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記クーポンをご利用頂けます。

ホームページ特典

*簡単なご感想をいただくことがクーポン御利用の条件になります。
*パーフェクト整体は6000円(税抜)で初回ご体験していただけます。

12月は残り9名様です。
【2018年12月3日更新】

初回はLINEから簡単予約を!!
LINE

6480円→4000円の体験価格をしようとした理由は?

当院では骨盤矯正に力を入れていまして、実績や口コミが多数あります。
当院にいらっしゃるお客様は様々な来院動機がありますが、その中でも他院で「骨盤が歪んでいる,姿勢が悪い」と言われ骨盤の歪みが原因で肩こりや腰痛があったとしても、歪みや痛みを根本改善してもらえないお客様が多いことに気付きました。

私たちの骨盤矯正で一人でも多くのお客様のお役に立てればと思い、今回に限り来院していただきやすい価格にしました。
この価格でしたら、あなたにあった施術や人かどうか、まずはお試ししていただけると思います。

私たちのミッションは整体・骨盤矯正を通して浜松市の皆様の健康のお手伝いをさせて頂くことです。この機会に骨盤矯正の真の効果を体感していただき、皆様に健康を手にして頂けたら幸いです。

全額返金保証

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

当院は「予約優先制」となっておりますのでご予約いただくと、お待たせすることなくご利用頂けます。

電話: 053-424-7220
メールでのお問合せ
SP LINE

浜松市の整体 骨盤矯正「タスク整体院 早出町」の詳細情報

住所 〒435-0054 静岡県浜松市中区早出町230番地の1
電話番号 Tel:053-424-7220(予約優先制)
営業時間 平日 9:00~12:00 / 15:00~20:00
土曜 9:00~17:00

※時間外でもご相談に応じます。お気軽にご相談ください。
電話受付時間 平日 8:30~20:00
土曜 8:30~17:00
定休日 日曜・祝・祭日
最寄駅 遠州鉄道曳馬駅から車で5分, 徒歩15分
駐車場 駐車場13台あり

PAGE TOP

症状別メニューSHOJO
会社概要COMPANY
カテゴリーCATEGORY




浜松市の整体 骨盤矯正なら
タスク整体院 早出町

住所:〒435-0054
静岡県浜松市中区早出町230番地の1

Tel:053-424-7220




MENU

MAIL

TEL
HOME

このページの先頭へ