新着記事

【予約優先制】Tel:053-424-7220

浜松市中区  上腕骨外側上顆炎

2018-04-19 [記事URL]

テニス肘は痛みの原因に対してアプローチした治療を

上腕骨外側上顆という部分が過敏な状態になることで、スポーツや日常生活など様々な動作により肘に痛みを生じる状態がテニス肘です。
正式名称は上腕骨外側上顆炎といって、重たい物を持つときに肘が痛い、肘が痛くてペットボトルの蓋を開けられないなどの症状が見られます。
ちなみに上腕骨外側上顆とは、腕組みの姿勢を取った時に、肘の一番前にくる部分で、骨の出っ張りがある部分のことです。
テニスと名前についていますが、必ずしもテニスだけが原因で生じるわけではなくて、ゴルフや釣りでも起こります。
また、赤ちゃんを抱っこするようになって発生するとか、特に負担をかけているわけでもないのに主婦の方に発生することもあります。
そのままにしておくと自然に治ることもありますが、なかなか治らずに時間が経過することも少なくありません。
症状が改善しないで長引くようなら専門の医療機関を受診することが望ましいです。

なぜテニス肘になってしまうのかというと、原因のひとつと考えられているのがくり返しの負担です。
テニスやゴルフなどのスポーツで繰り返し動作をすることや、仕事で重いものを持ったり赤ちゃんを抱いたりするといった繰り返しの負担で生じてしまいます。
もうひとつ考えられる原因は年齢で、若い年齢であっても発症することはありますが、中年以降になると圧倒的に発症する方が増えます。
これには理由があって、外側上顆という骨の出っ張りの部分に異常な血管が増えてしまうことにより起こると考えられています。
そして、この異常な血管は中年以降で増えやすくなってしまいますし、血管だけでなく神経線維も一緒に増えるので痛みを引き起こす原因になるのです。
ちなみに、異常な血管が肘に生じるとテニス肘になって、肩にできると四十肩や五十肩と呼ばれている状態になります。

治療としては、症状の程度によりますが先にも触れましたが、局所を安静にするだけで自然に症状が改善するケースも多いのです。
ただ症状によっては、安静にすると共に前腕ストレッチング・筋力トレーニング・温熱・低周波・レーザー光線などの理学療法をすることもあります。
また、専用のサポーター・消炎鎮痛薬の内服や外用などを組み合わせて治療を行うこともありますし、場合によってはステロイドホルモンの局所注射をする可能性もあるのです。
それから、このような保存療法が有効出ない場合には、手術療法が検討されることもあります。
方法としては、伸筋腱起始部解離術・伸筋筋膜切開術・輪状靭帯や関節包の部分切除術・関節内の滑膜切除術などがあります。

このような治療で一旦は痛みが楽になることもありますが、再発を繰り返す人も少なくありません。
これは、きちんと医療機関を受診して適切な治療をしていないためで、症状が改善しないどころか時間と共に悪化してしまうからです。
痛みの原因に対してしっかりとアプローチした治療を確実に受けていかないと痛みは治らないので、専門の医療機関を受診してしっかりと改善することがおすすめです。

 

浜松市中区  上腕骨外側上顆炎なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  タナ障害の予防

2018-04-08 [記事URL]

膝関節に負担をかけずケアすることがタナ障害の予防になる

膝関節は、太ももの骨である大腿骨とスネの骨の脛骨とお皿の骨の膝蓋骨で構成されていて、大腿骨と脛骨の間には半月板というクッションの役割をする軟骨があります。
また膝関節は関節包と滑膜という2つの膜で保護されていて、この膜の中は滑液という液体で関節腔を満たしています。
その滑膜の中央部分に滑膜ヒダがあって、それがちょうど物を載せる棚のように見えることから、この箇所をタナと呼んでいます。
タナは、膝蓋上滑膜ヒダ・膝蓋下滑膜ヒダ・膝蓋外側滑膜ヒダ・膝蓋内側滑膜ヒダの4つが膝関節の中に存在しています。
この4つの滑膜ヒダは胎児が母親の胎内にいる時に一時的に作られるもので、出産後約半数の胎児は滑膜ヒダがなくなりますし、約半数は残るといわれています。
特別機能を持たないので放っておいても悪い影響はないのですが、膝関節に繰り返し負担がかかることで、滑膜ヒダが肥厚して痛みや違和感を生じることがあり、この疾患をタナ障害と言います。

タナ障害になると様々な症状が膝関節に生じて、初期症状・慢性症状・臨床的症状に分けられます。
初期症状は、膝を屈伸したり椅子から立ち上がったりする時に、音が鳴ったり膝関節に何かひっかかったりするような違和感が起こります。
また膝蓋骨の内側の下に痛みが生じますし、膝の曲げ伸ばし動作や階段の上り下り、ジャンプ動作などを繰り返すことで、膝関節周辺の痛みや引っかかり感が強くなります。
慢性症状は運動時にのみ痛みを感じて、運動を中止すると症状は軽快するけど、運動を再開すると再度痛みを感じるようになります。
膝の痛みや違和感などが起こる期間も長くなってなかなか改善しなかったり、何もしていなくても痛みや違和感などを生じたりするようになるのです。
臨床的症状は、スポーツをする時だけではなく日常生活においても膝蓋骨と大腿骨の間にタナが挟み込まれることによりタナが肥厚します。
肥厚するとタナの一部が損傷したり晴れたり出血したりしますし、それによりタナ付近にある大腿骨や脛骨の軟骨が損傷することもあります。
また膝関節の内側だけではなくて膝蓋骨にも痛みや違和感などが起こることもあるのです。

治療としては、基本的に安静にするなどの保存療法が実施されて、障害の程度が軽度なら運動を休んだり、運動量を抑えたりすることで痛みや張りなどの症状は改善します。
膝関節に腫れや熱感がある場合には、アイシングをしたり消炎鎮痛剤の薬や湿布・座薬などを使用したりします。
その他には、超音波療法や温熱療法といった物理療法を行って膝関節周辺の筋肉の緊張を和らげますし、症状が進行して痛みが引かない時は痛み止めの注射を行ったりします。
このような保存療法でも変わらない場合は、関節鏡視下郭清術などの手術が実施されます。
タナ障害の予防法としては、個人の能力を過剰に上回るオーバートレーニングをしないことや、膝関節を使い過ぎないことです。
また、膝関節や足全体の柔軟性を高めるためにストレッチや柔軟体操を実践することも有効ですし、入浴や十分な睡眠を取ることも最適な予防法になります。

 

浜松市中区  タナ障害の予防なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  大腿骨頭すべり症

2018-04-07 [記事URL]

思春期の子供の股関節に起こる疾患の大腿骨頭すべり症

子供の大腿骨頭には骨が成長する部分となる骨端線があって、成長が盛んな時期には強度が弱く血行不全だけでなく力学的にも障害を受けやすいのです。
外力で力学的弱点である骨端線にずれが生じることを骨端線損傷と呼ぶのですが、特に股関節に近い大腿骨頭の骨端線が後方にすべってしまうのは大腿骨頭すべり症と呼びます。
思春期の子供の股関節に起こる疾患のひとつで、好発年齢は男児なら10~15歳で、女児は9~13歳です。
性別としては男児に多く見られる傾向にあって体格的には肥満児に多く、比較的めずらしい病気なので診断や治療が難しいといった特徴があります。
また日常動作や比較的軽微な外力で骨端線が障害されるので発症時期がはっきりしないため、慢性の経過をたどる場合もあるのです。

発症する原因のひとつとして内分泌系の異常が考えられているのですが、現段階では明らかな関連は証明されていません。
また、先にも触れましたが転倒などの軽い外傷や肥満による体重増加など、力学的要因も関与して発症すると考えられているのです。
症状としては、股関節に近い骨端線がすべって変形するので、痛みや関節の動きの異常、跛行といった歩行障害が見られます。
それから病気のタイプとして、転倒などの軽い外傷をきっかけに急激に発症して歩けなくなる不安定型があります。
また、少しずつすべりが生じて歩くことができる安定型というものがあって、この2つに分類することができます。

大腿骨頭すべり症の治療は急性と慢性により違って、急性に生じた場合は痛みが強いため比較的診断がつきやすく診断がつきしだい入院になります。
治療としては牽引療法や麻酔をかけた状態でやさしくゆっくりと骨端線損傷のすべりをもどす整復が行われます。
すべりが戻ったのちには、また再びすべることがないように骨端線を貫くようにスクリューで固定をして骨成長が終了した後に抜きます。
このような手術治療が必要になるのは、すべりが酷くなる可能性があって緊急性を要する、合併症として骨頭壊死になることがある、小児科で内分泌の病気がないか検査する必要があるといった特徴があるためです。
ただし重度の場合には、成人してから股関節症の原因になる可能性が高いので、骨を切る矯正骨切り術が必要なケースもあります。

一方慢性の場合は長い経過ですべりが生じているため、骨端線のすべりを元に戻す整復術は困難で、無理な整復を試みて骨端線の軟骨細胞を痛めると、長期的に股関節の変形や疼痛を生じることがあるのです。
その為、骨端線の変形が著しい場合には骨切り術を行って変形による股関節の動きの異常が生じないように治療します。
いずれにしても的確な診断と慎重な治療が必要で、早期に発見してすべりの程度が軽いうちに治療を受けることが大事です。
もし思春期の子供に股関節や太ももからひざにかけて痛みが生じていたり、脚を引きずって歩いたりするような時は、大腿骨頭すべり症の可能性もあるので整形外科を受診することをおすすめします。

 

浜松市中区  大腿骨頭すべり症なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  ストレートネックの対処法

2018-04-04 [記事URL]

ストレートネックの対処法は姿勢を正すことから

本来、人間の首の骨は緩いS字カーブを描いていて、それにより頭の重さをうまく分散させたり衝撃を吸収したりしているのです。
しかし、何らかの原因でその首の自然なカーブがなくなってしまう状態をストレートネックと言って、あくまでの状態を示す言葉で病名ではありません。
このようにカーブがなくなってしまうことにより、首周辺の骨や筋肉に大きな負担がかかってしまうため、手のしびれ・頭痛・首の痛み・肩こり・めまい・吐き気など様々な症状を引き起こしてしまいます。
また、自律神経失調症を引き起こしてしまう原因となる可能性もあるので、安易に状態をそのまま放置するのは危険です。

発生する主な原因としては、パソコン作業やスマートフォンの操作の時にする悪い姿勢と言われています。
具体的には、自然と首を下向きに傾けた姿勢になって、首を傾ける角度が増すことで首にかかる負担は増えて、その状態を長時間維持し続けると首の筋肉に過剰な緊張状態を長時間強いることになります。
その結果、首の筋肉が疲弊して少しずつ首のカーブが失われて、ストレートネックになってしまいます。
また柔道やレスリングなど首に大きな負荷がかかりやすい格闘技をはじめ、転倒した際に首に大きな負荷がかかる可能性のあるスキーやスノーボードなど、スポーツも原因になることがあります。
その他、頚椎椎間板症・頚椎症などといった骨によるものや、先天性によるものもありますし、バレエやダンスなど強制的に姿勢を正すことも原因になることがあります。

ストレートネックの対処法としては、普段の姿勢を正すことはもちろんのこと、筋肉のもみほぐしやストレッチなどを定期的に実施して首の自然なカーブを取り戻すことです。
悪い姿勢が発生する原因と考えられる方は、まずは姿勢を改善するところからスタートする必要があります。
具体的には、スマートフォンの操作においては頭を下げずに正面を向きながら行うように心がけることです。
またパソコンの操作は、椅子や机の高さ・パソコンのディスプレイの位置などを見直して、自然な姿勢で作業できる環境に整えることを心がけることです。
ちなみに正しい姿勢とは、横向きに姿勢をみた時に鼻先は水平ラインに、耳の穴と肩口が縦に一直線に揃う位置が、頭と首の関係となる姿勢です。
もし耳の穴が肩より前にあるのなら後頭部を真後ろに下げる練習をすることで、壁に添って立ち骨盤と肩甲骨と後頭部が壁に当たるようにすると分かります。
ただ、その時にアゴが上がらないように注意しましょう。

首のストレッチを実施して首周りの筋肉を鍛えことも大切で、簡単にできる予防のエクササイズがあります。
そのひとつは、首の前側と後ろ側の筋肉を同時に働かせる首を横にねかせる側屈の動きで、頭の重みを利用してゆっくりと呼吸を止めないように右・左へと傾けます。
その時には目線は正面を向いてアゴを引きながら行うことが大事で、首の細かい筋肉がストレッチされます。
目線を水平にした状態で首だけ横向きに動かす回旋もストレッチとして効果的で、どちらも1分間以内でできるのでこまめにやって見ると良いです。

 

浜松市中区  ストレートネックの対処法なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  シンスプリントの治療の大原則

2018-04-01 [記事URL]

シンスプリントの治療の大原則は練習を中止すること?

慢性的な痛みが運動時や運動後に下腿の内側に起こる症状をシンスプリントとか過労性脛部痛と呼んでいます。
これは、全てのスポーツ選手で起こる下腿障害の約60%を占めるとも言われていて、走ることの多いスポーツ選手や愛好家には頻度の多い疾患です。
ただ痛みを我慢してスポーツを続けていると走れなくなってしまいますし、疲労骨折を引き起こして長い間運動を中止することになる可能性があります。
また適切な治療をしないで長い時間経過してしまうと非常に治りが悪くなるので、早期に治療を始めるように心がけることが大事です。
治療の大原則は、痛みが起きている場合には練習を中止することで、これを厳守しないと先に触れたように一生その傷害を引きずって自身を痛め続ける可能性があります。
ちなみに、軽度であればこの痛みは1週間程度で引きますが、連発や重度の症状のなら痛みが消えるまでに約1~2ヶ月程度かかることもあります。

痛みが生じているのに我慢することで得られるものは何もないので、可能な限り痛みを取り除くことを実施することが必要です。
その方法のひとつは痛み止め薬を用いることで、もっとも即効的に取り除くことができます。
一般的に飲み薬として用いられているのは非ステロイド性抗炎症薬で、痛み止めによっては腫れを引かせる効果もあります。
様々な薬が市販されているので服用すると良いですが、慢性的な使用にならないように注意して他の方法も併用して服用することを心掛けることです。
重度の症状では強い痛みと共に熱を持っているケースも多いので、痛みを改善するためにアイシングを行うのも効果的です。
痛みや腫れを和らげるためには、患部を触って痛みがあるかを確認しながら、3~4時間おきに20~30分程度冷やします。
ただ患部を触った時に触る感覚が分からないような場合は冷やし過ぎなので、そのように事にならないよう注意して冷やす必要があります。

それから血行促進を心掛けることも、シンスプリントの予防や治療につながることです。
血行促進することは、筋肉を温めて能力が十分に発揮できるようにする、損傷部位の回復を促す、筋肉を軟らかくするなどのメリットがあります。
てすから、スポーツ前にウォーミングアップをすることが大切ですが、筋肉が多い部分と違ってスネの内側は筋肉が少ないため温まりにくいことをしっておく必要があります。
スネ周辺が温まっていないうちに走りだしてしまうと引き起しやすいので、痛みがある場合・回復期・練習復帰後も十分に温めるようにすることです。
その方法としては、手指でスネから足裏までじっくりと揉みほぐすと良いですし、ストレッチポールなどのグッズを使用してスネの筋肉をまんべんなくマッサージするのも効果的です。
それから、痛みの解消のためにテーピングを使用することもありますが、シンスプリントでは筋肉を緩めることが必要なので、一般的なテーピングはNGと理解しておく必要があります。
もしテーピングをするのなら収縮性の高いテープを使用して、筋肉や血液の動きを良くすることを考えると良いです。

 

浜松市中区  シンスプリントの治療の大原則なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  オスグット・シュラッター病

2018-03-29 [記事URL]

成長期に発症するオスグット・シュラッター病は適切な治療を行うと治る

小学校高学年から中学生の運動することが好きな子供で、膝の痛みを訴える場合はオスグット・シュラッター病を発症している疑いがあります。
発症を見極める時のポイントは、どこが痛いのか、どのような動きが痛いのかといった症状を確認することです。
判断材料となる主にみられる症状は、膝のお皿の下の骨を押すと痛い、膝のお皿の下の骨がボコと出てきた、運動すると膝のお皿の下の骨が痛いなど、膝のお皿の下の骨に症状が現れます。
また、明確な原因がなくて太ももの前の筋肉が硬くなることにより膝の下の骨に負担が知らぬ間にかかり痛みを起こすので、思い当たる原因がないのかを確認するのも判断材料になります。
それから、歩いたり走ったりすると痛い、しゃがむと痛い、ジャンプすると痛い、自転車をこぐと痛い、膝をつくと痛い、階段の昇り降りが痛いなど、特定の動作で痛みを感じるのも特徴としてあります。

先にも触れましたが、太ももの前の筋肉が硬くなるというのが、オスグット・シュラッター病を発症する原因になりますが、それは太ももの前の筋肉が膝の下の骨に付いているからです。
その為、太ももの前の筋肉が硬くなることにより膝の下の骨を繰り返し引っ張ってしまい膝の下の骨に、負担をかけてしまうために痛みが発生するのです。
また、大人の骨になっていない子供の骨は、まだ柔らかいために筋肉により引っ張られると、その力で骨がボコと出てきてしまうこともあるのです。

オスグット・シュラッター病は成長期に発症する症状なので、成長が止まるまでは痛くても仕方がないと考える方も少なくありませんが、そんなことはなくて適切な治療を行うと治ります。
適切な治療のひとつは、痛みを引き起こしている部分の炎症を抑えると共に、原因となっている太ももの前の筋肉の大腿四頭筋をはじめとした膝周りの筋肉を緩めることです。
その為には、直接刺激を与えて修復を促す電気療法や手技によるマッサージなどが効果的です。
また、症状が悪化して骨が剥がれている場合には、骨に刺激を与えて修復をする低出力パルス治療器などが効果的と言われています。

ただ、単純に原因となっている太ももの前の筋肉の大腿四頭筋を緩めるだけでは完治することはありません。
それは、運動中に大腿四頭筋に過度な負担がかかるような体の使い方をしていたら、またすぐに再発してしまうからです。
そこで、しゃがみ込めない・スクワットが上手に出来ないなどといった体の問題点を改善して、運動中の動きで大腿四頭筋に負担がかからないようにすることが大事です。
それから、痛みが出るのは骨端核が膝蓋靭帯で引っ張られるためなので、サポーターやテーピングを活用するのも効果的な治療となります。
具体的には、痛みある脛骨粗面の手前に巻くことで、痛みのある部分にかかる引っ張られる力を抑えるようにするのです。
分からない場合には、整体院や整骨院などを受診した際に適切な使用方法などについてアドバイスを受けると良いです。

 

浜松市中区  オスグット・シュラッター病なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  膝蓋靭帯炎膝

2018-03-25 [記事URL]

ジャンパー膝は症状で4段階に分けられる

スポーツでジャンプした時に膝が痛いという症状は、ジャンパー膝と呼ばれる膝の障害の可能性があります。
正式な病名は膝蓋靭帯炎膝で、膝のお皿と脛をつなぐ靭帯に炎症が生じることで発症する疾患です。
痛みを我慢してスポーツを継続していると症状が悪化して治りづらくなってしまうので、早急に対処・治療を心掛けることが大事です。

主な症状は、先にも触れましたがジャンプをした時や着地をした時に膝の痛みを感じもので、痛みを感じる場所は膝のお皿の下が多いですが、稀にお皿の上が痛むこともあります。
また症状が悪化すると膝を曲げ伸ばすだけでも痛くなってしまうこともあるのです。
痛み以外の症状としては、膝のお皿の下あたりが盛り上がるように腫れることがあって、その部分に触れると痛みを感じます。
それから膝の腫れと同時に現れることが多いのが、膝のお皿の周辺が熱くる症状です。
ジャンパー膝は症状によって4段階に分けることができて、1期は運動開始時に痛みを感じるけど、強い痛みではないため運動を行うのに支障はない症状です。
2期は運動開始時だけではなくて運動後にも痛みを感じるようになりますが、運動中に痛みが一時的になくなるため運動を行うことに支障はないです。
3期は常に強い痛みが生じるために運動を行うことはできなくなってしまいますし、4期は靭帯が損傷しているため強い痛みが伴い日常生活にも支障が起こってしまいます。

発症する最大の原因は、膝蓋靭帯がジャンプなどで負荷が繰り返しかかることにより炎症を起こしてしまうことです。
それ以外の原因としては、膝のお皿が2つ以上に分裂する分裂膝蓋骨だったり、靭帯の強度が弱かったりなど先天的異常が引き起こす要因になっていることも考えられます。
また膝関節の配列が正常でないアライメント不良も原因になります。
それから、太ももの筋肉はジャンプなどの動作に大きく関係しているもので、太ももの筋肉が硬くなっていると膝蓋靭帯が通常よりも強く引っ張られてしまうのです。
その為、オーバーユースや筋力不足で太ももの筋肉が硬直してしまうことも原因のひとつとして挙げられます。

症状が出てしまっても先に触れた1期・2期の場合なら、早い段階で対処したり治療したりすることで完治も早くなるのです。
ただし、あくまで症状を抑えるための処置であって、必ず病院を受診して治療することが必要です。
もし適切な対処をしないで症状が進行してしまうと、靭帯の一部損傷や断裂の恐れがあるので注意が必要です。
では自分でもできる対処法としてはどのようなことがあるのかというと、安静にする・アイシング・湿布などがあります。
またテーピングやサポーターも効果的ですし、筋肉を和らげることができるストレッチも硬直状態を改善するので有効です。

このような対処法を行っても痛みが引かない場合には、積極的な治療をする必要があります。
ジャンパー膝の治療法としては、痛み止めの使用・電気治療・超音波治療・筋トレなどの保存的療法があります。
ただ靭帯の損傷が激しい時や靭帯が断裂して場合には、膝蓋靭帯縫合術による靭帯を縫い合わせる手術が必要です。

 

浜松市中区  膝蓋靭帯炎膝なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区  手足のしびれを感じる

2018-03-22 [記事URL]

手足のしびれを感じる場合には

しびれという言葉にはいくつかの意味が含まれていますが、大きく分類すると3つの種類があります。
ひとつは痛み・冷たい感覚・触った感覚が鈍くなってしまったり全く感じなくなったりする感覚低下があります。
2つ目は運動麻痺で、自分の意思で手足が動かしにくくなったり、手足に力が入らなくなったりするもので、3つ目は異常感覚という手や足にジリジリなど普通ではない感覚が出現するものです。
このようなしびれを引き起こす原因としては、脳の病気・脊髄の病気・手足の末梢神経の病気などが考えられます。
例えば、脳の血管が詰まったり破れたり、腫瘍などの脳の病気が原因で生じますし、脊椎に異常があったり、首や腰などに起こる異常で神経が圧迫されることでも起こる場合があります。
また、糖尿病の症状として末梢神経の障害が起こってしびれを生じる場合や、ウイルスの感染や更年期障害・ストレスなどでもしびれが生じる場合もあるのです。

このようなしびれがありますが、比較的多くみられる症状は手足のしびれです。
足のしびれは、直接神経が圧迫される神経性と、血管が圧迫されて神経の血流が悪くなる血管性の2つがあります。
神経性は、神経のどこかに異常があって、これがしびれの症状を引き起こすことになって、椎間板ヘルニアなどが原因で起こります。
血管性は、血管の障害で血流が悪くなった結果で症状を引き起こすもので、足根管症候群などが原因で起こります。
椎間板ヘルニアは腰痛が一般的な症状ですが、腰から足にかけてのしびれも起こるもので、背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役目を果たす軟骨の椎間板が飛び出して神経を圧迫するものです。
足根管症候群は、踵や足の裏に通っている神経が圧迫されたり、損傷したりすることで足首やつま先が痛くなったりする疾患です。
圧迫される神経は後脛骨神経と行って、ふくらはぎから踵近くを通って、足の裏に走っているので、神経が炎症を起こすと足首やつま先にしびれも起きるのです。

手足のしびれのもうひとつとなる手指のしびれですが、医療機関では発生している場合には、手から脳までの神経回路のどこで神経が圧迫されているかを検査します。
特に圧迫されやすいのは、首の骨の周囲・鎖骨の下・肘の内側・手首の靱帯の4箇所です。
首の骨の周囲では、首の骨が変形したり軟骨が出っ張ったりする変形性頚椎症・頚椎椎間板ヘルニアで、神経が圧迫されて手がしびれることがあります。
肋骨の一番上にある第一肋骨と鎖骨との間にある隙間を胸郭出口と言って神経や血管が通っているのですが、なで肩や肩の下がっている人はこの隙間が狭くなってしまいます。
その為に神経や血管が圧迫されて手や腕の痛みやしびれ、肩こりなどが起こって、これを胸郭出口症候群と呼んでいます。
肘の内側で神経が圧迫される肘部管症候群で、手のしびれ・痛み、筋肉の萎縮や筋力の低下がみられます。
手の使いすぎにより起こりやすい手根管症候群で手首の靱帯で神経が圧迫され手のしびれを感じることがあります。
こうした手足のしびれを感じる場合は、安易に考えないで一度病院を受診すると良いです。

 

浜松市中区  手足のしびれを感じるなら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 へバーデンの治療方法

2018-03-20 [記事URL]

【へバーデンとは】
へバーデンというのは、聞き慣れないと思う人も少なくないと思います。
しかし、日本全国にへバーデンの人は多く、300万人以上いるといわれています。
へバーデンとは、指の第一関節が変形してしまう疾患です。
第一関節の背側の中央に、2つのこぶが出来てしまうのが特徴です。
示指から小指にかけの第一関節が赤く腫れあがったり、曲がったりし、痛みが発生してしまうこともあります。
第1関節の動きも悪くなってしまい、満足に動かせなくなってしまうこともあります。
また、第一関節部分に水ぶくれのような物が出来る事もあります。
出る症状というのは人様々であり、親指以外の全ての指に症状が出る人もいれば、小指だけに症状が出るという人もいます。

へバーデンは、原因不明の症状といわれています。
一般的に、40代以降の女性に多く発症する傾向があります。
特に、手を良く使う人になりやすい傾向があります。
例えば、調理を良く行う人、ピアノなどの楽器演奏をする人、パートで指先を良く使う人などに多いといわれています。
第一関節というのはよく使う関節であり、特に女性が使う関節です。
何かを引っ張る時や何かをつまみ上げる時、何かを持つときなど、意外と酷使している部分なのです。

遺伝性は証明されておりませんが、母や祖母がへバーデンで関節で自分もなってしまった、という女性もいるようです。
そのため、母親や祖母にへバーデン関節の人が居る場合は、指先に負担を掛けないように注意すべきといえます。

へバーデンの診察は、第一関節のレントゲン所見により判断します。
骨の曲がり具合などにより、へバーデンなのかを見分けます。

【へバーデンの治療方法】
へバーデン関節の痛みは、改善出来る可能性があるといわれています。
そのため、コツコツとケアをして改善へとみちびきましょう。
へバーデンの治療は、以下の方法があります。

・局所の固定
第一関節部分を安静にし、痛みや症状を緩和させます。
テーピングで固定して安静にすると効果的であり、極力関節を動かさないようにしましょう。

・投薬両方
急性期の場合は、少量の関節内ステロイド注射で痛みを軽減させます。

・手術療法
保存療法で症状が緩和されない場合は、手術療法となります。
第一関節部分にできたコブ結節を切除したり、関節を固定してしまう方法などを行います。

・首や肩の筋肉を柔らかくする
首や肩とはへバーデンは無縁に思えるかもしれませんが、とても密接な関係性があります。
指を握りしめると肩にも力が入るように、つながっているので関係性は非常に高いのです。
肩や首を回したりなどで柔軟にさせ、指への負担を軽減させましょう。

いかがでしたでしょうか。
へバーデンになっても、諦めてはいけません。
多くの場合改善出来る要素があるので、あきらめず改善へとみちびきましょう。
指というのは使う頻度が高いので、万度に動いてくれないと困ります。
この先ずっと痛みを抱えたまま過ごしていくことは、楽ではありません。
おかしいなと思ったらケアをして、楽な状態へとみちびきましょう。
気になる場合は、専門医に相談をしましょう。

浜松市中区 へバーデンの治療方法なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 フォルクマン拘縮の原因と症状

2018-03-08 [記事URL]

【フォルクマン拘縮の原因と症状】
フォルクマン拘縮とは、腕やヒジの打撲や骨折、圧迫が原因で手や指を動かすことができなくなってしまう症状です。
腕やヒジの骨折の後に、内出血や圧迫によって閉鎖されてしまった筋肉や神経、血管の組織の内圧が上がってしまいます。
それにより循環不全となってしまい、筋肉の組織が死んでしまったり末梢神経のマヒが発生してしまい、肘から腕にかけて麻痺が発生してしまう症状です。
受傷してから数時間後に発症し、前腕部の腫脹と疼痛が発生し、後にしびれが発生します。
特に、疼痛、腫瘍、皮膚や粘膜が紫色になるチアノーゼ、脈拍欠如、運動マヒ、異常近くなどの血管閉塞の明確な症状が出てしまっている場合は、手遅れの場合もあります。
いかに素早く対応するかが、ポイントとなります。

フォルクマン拘縮の原因は、子供の場合上腕骨踝骨折が多く、大人の場合は前腕部圧挫傷や前腕部骨折が多い傾向があります。

フォルクマン拘縮の症状は、初期段階はひじや前腕が著しく腫れ上がってしまい、強い痛みを発生させてしまいます。
その状態が進行すると、手首の脈を触れることができなくなってしまい、手首が白くなってしまいしびれて動かなくなってしまいます。
慢性化してしまうと、2~3本の指が曲がって伸びない状態となってしまい、重症化してしまうと手指の全てがワシの爪のように変形してしまい、しびれなどの知覚過敏が発生してしまいます。

【フォルクマン拘縮の治療】
フォルクマン拘縮というのは、残念ながら1度発生してしまうと完治はむずかしいといわれています。
その為、以前のようにもとに戻すことはできません。
軽度な状態でケアをし、重症な状態にしないようにしましょう。

フォルクマン拘縮は、動脈閉鎖後フォルクマン拘縮が発生するまで、6~8時間あるといわれています。
できれば、この範囲内で初期対応をすることが大事となります。
おかしいと思ったら、すぐに専門医に相談しましょう。

フォルクマン拘縮の治療は、急性期と慢性期により異なります。

・急性期
骨折や脱臼の牽引整復を行い、痛みと腫れを取り除きます。
これでも脈が触れないなどの改善がむずかしい場合は、筋肉神経が循環障害を起こしてしまうことがあります。
出来るだけ早く皮膚や筋膜まで切開し、筋肉の中の圧力を下げます。
素早い処置をすることで、切開を逃れることができます。

・慢性期
慢性期の場合は、既に筋肉が壊死していて手指の変形が出来上がっている場合があります。
その場合は、筋肉や神経の癒着を取り除き、変形状態に対して矯正手術を行います。

いかがでしたでしょうか。
フォルクマン拘縮は、想像以上に恐ろしい病気です。
そのため、少しでもおかしいと思ったら整形外科を受診するのをオススメします。
軽度な状態の場合は、最悪な状態にならない状態へと導くことができます。
放置しておくと大変なことになってしまうので、安易に捉えないようにしましょう。

浜松市中区 フォルクマン拘縮の原因と症状なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 バネ指の原因と症状

2018-03-07 [記事URL]

【バネ指の原因と症状】
バネ指とは、指を曲げた後に指が元通りに伸びず曲がったまままで、伸ばそうとするとバネのように急に伸びる現象です。
指を曲げるために必要な腱が炎症しておきる、腱鞘炎です。
指を曲げたら戻らない!そんな人は、バネ指の可能性があります。
バネ指になる人は、50~60歳代の女性に良くいるといわれています。

バネ指は、以下が原因といわれています。

・指の使い過ぎ
スポーツや仕事で指を頻繁に使う人に、発症しやすいといわれています。
草取りや編み物をしている人にも多く、近年はパソコンの使い過ぎの人にも多いといわれています。
指を使う流れ作業のパートを行っている人にも、多いといわれています。

・老化
年齢を重ねることで屈筋腱と腱鞘の間の滑りが悪くなってしまい、腱鞘炎となってしまいます。

・妊娠や出産後、更年期
妊娠時や産後、更年期の女性はホルモンのバランスが崩れてしまうことで、バネ指の原因になっているとも言われています。

バネ指の診察は、指の付け根の腫れや痛みで診断することが多くあります。
場合によっては、レントゲンヤMRI、エコーなどで検査を行うこともあります。
また、血液検査で他の病気との関連性を調べる場合もあります。

バネ指は、他の原因により発生している場合もあります。
慢性リウマチや糖尿病が原因となっている場合もあるので、おかしいなと思ったら早めに整形外科を受診することをオススメします。

【バネ指の治療】
バネ指には、以下のような治療方法があります。

・安静
手首を安静させ、指の使用を控えます。
3週間ほど安静にし、できるだけ指を使わないようにしましょう。
しかし、指というのは日常的に使う部位なので、使わないのは難しいですよね。
どうしても指を動かしてしまう場合は、痛い指を添え木や装具を使って動かないようにすると良いでしょう。
スポーツや趣味も、しばらく中止しましょう。
また、血行を良くする事もとても大事であり、お湯で温めたり手袋をはめると治りが早くなります。

・薬物療法
痛みがひどい場合は、薬物治療で炎症を減らします。
軟膏を塗ったり湿布を貼ったり、ステロイド剤を局所注射することで、痛みが軽減します。
ステリド注射は3回が限界であり、それで痛みが緩和されない場合は手術が必要となってしまうことがあります。

・理学療法
急性期を過ぎたら、理学療法での治療も可能セス
レザー治療や低周波などを使って、患部に治療を行います。

・手術療法
保存療法などで効果が出ず痛みがひどい場合は、手術療法を行います。
時間にして15分ほどの、軽度な手術となる場合が大半です。
手術後翌日から指を動かすようにし、7~10日で抜糸が可能です。

いかがでしたでしょうか。
バネ指というのは、比較的発生しやすい症状です。
軽度のうちにセルフケアをすることが大事ですが、大抵の人は症状が強くなってから専門医に診てもらうケースが大半です。
無理して痛めてしまわないよう、早めのケアで楽になりましょう。

浜松市中区 バネ指の原因と症状なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


浜松市中区 バイクの治療

2018-03-02 [記事URL]

【バイクとの交通事故での事故治療の過失割合】
バイクの保有台数は少なくなってきていますが、大型バイクの保有台数は増えています。
近年多くなっているのが、リターンライダーの増加の交通増加です。
若い人よりも反射神経が衰えているので、昔と同じ感覚で運転することで事故が発生してしまうのです。
そのため、自動車とバイクの交通事故も物凄く増えています。

自動車とバイクとの交通事故というのは、基本的にバイクの過失割合が小さくなる傾向があります。
バイクは車体も小さく衝撃を受けやすいので、自動車のドライバーよりも事故により重大なダメージを受ける可能性が高いからといわれています。
バイクは自動車よりも弱い立場にあるという考えであり、基本的にバイクの過失割合というのは自動車よりも減らされてしまいます。
例えば交差点で出合い頭に衝突をした場合、互いに悪い場合は50%:50%の過失割合となるパターンが一般的です。
しかし、片方がバイクの場合は60%:40%でバイクの過失割合の方が少なくなります。

【バイクの治療は直ぐ受けるべき】
バイクで事故を起こしても、場合によっては痛みを感じず無傷に思えることも少なくありません。
しかし、そんな場合でも必ず病院に行き検査を受けるべきといえます。
その理由は、バイクは外傷を受ける可能性が高い乗り物なので、後に痛みや弊害が出る可能性があるからです。
交通事故は早めに病院で診断書を出してもらうことで、人身事故扱いとなります。
病院から診断書を出してもらえないと、人身事故扱いにならないのです。
後に痛みが出てきて病院に通っても、診断書を提出するのが遅すぎるということで人身事故扱いにしてもらえない場合があります。
人身事故扱いにならないと、交通事故での治療費を自動車保険よりまかなうことができなくなってしまいます。
後々のことを考えて、事故後早急に病院にかかり検査を受けることが非常に大事となります。

また、処置が遅れて出てきてしまったケガのせいで、それが慢性化してしまい持病となってしまうこともあります。
持病となってしまうことで、一生涯痛みに耐えて生活をしていかないといけない場合もあります。
大げさに聞こえるかもしれませんが、バイク事故できちんとした治療を受けずに後に後遺症に苦しむ人は少なくありません。
痛みが無くても首や腰に強い衝撃を受けた場合は、違和感に思えなくても病院で診察や検査を受けるようにしましょう。

バイク事故の場合相手に過失が多くなることが大半なので、相手の保険で治療費を賄えることが大半です。
そのため、体の隅から隅まで診てもらい、本当に何でもないのかを確かめましょう。
せっかく受けられる診察や治療なのに、素人判断で受けないのは非常にもったいないです。

いかがでしたでしょうか。
バイク事故で何も症状を感じないと、そのまま放置して診察を受けない人も少なくないようです。
事故当日は気が張っていて何でもないと思ってしまうこともあり、数日後痛みが発生してしまうことは少なくありません。
交通事故後はすぐに診察を受けて、何でもないか確かめるようにしましょう。

浜松市中区 バイクの治療なら、「タスク鍼灸整骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

初回お試しク―ポンはこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記クーポンをご利用頂けます。

ホームページ特典
*簡単なご感想をいただくことがクーポン御利用の条件になります。

4月は残り9名様です。
【2018年4月1日更新】

初回はLINEから簡単予約を!!
LINE

6480円→2980円の体験価格をしようとした理由は?

当院では骨盤矯正に力を入れていまして、実績や口コミが多数あります。
当院にいらっしゃるお客様は様々な来院動機がありますが、その中でも他院で「骨盤が歪んでいる,姿勢が悪い」と言われ骨盤の歪みが原因で肩こりや腰痛があったとしても、歪みや痛みを根本改善してもらえないお客様が多いことに気付きました。

私たちの骨盤矯正で一人でも多くのお客様のお役に立てればと思い、今回に限り来院していただきやすい価格にしました。
この価格でしたら、あなたにあった施術や人かどうか、まずはお試ししていただけると思います。

私たちのミッションは整体・骨盤矯正を通して浜松市の皆様の健康のお手伝いをさせて頂くことです。この機会に骨盤矯正の真の効果を体感していただき、皆様に健康を手にして頂けたら幸いです。

全額返金保証

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

当院は「予約優先制」となっておりますのでご予約いただくと、お待たせすることなくご利用頂けます。

電話: 053-424-7220
メールでのお問合せ
SP LINE

浜松市中区の整体 骨盤矯正「タスク鍼灸整骨院・整体院」の詳細情報

住所 〒435-0054 静岡県浜松市中区早出町230番地の1
電話番号 Tel:053-424-7220(予約優先制)
営業時間 平日 9:00~12:00 / 15:00~20:00
土曜 9:00~17:00

※時間外でもご相談に応じます。お気軽にご相談ください。
電話受付時間 平日 8:30~20:00
土曜 8:30~17:00
定休日 日曜・祝・祭日
最寄駅 遠州鉄道曳馬駅から車で5分, 徒歩15分
駐車場 駐車場13台あり

PAGE TOP

症状別メニューSHOJO
会社概要COMPANY
カテゴリーCATEGORY



浜松市中区の整体 骨盤矯正なら
タスク鍼灸整骨院・タスク整体院

住所:〒435-0054
静岡県浜松市中区早出町230番地の1

Tel:053-424-7220




MENU

MAIL

TEL
HOME

このページの先頭へ